PR

 米VERITAS SoftwareとドイツのSuSE Linuxは米国時間10月27日に,企業データ・センター向けLinuxの普及促進で提携を結んだことを発表した。VERITAS社のストレージ管理ソフトウエアとSuSE社の企業向けOSを組み合わせた開発,認定,サポート,販売で協力体制を敷く。

 提携のもと,VERITAS社は2004年第1四半期をめどに,「VERITAS File System」「VERITAS Volume Manager」「VERITAS Cluster Server」といった主要ソフトウエアを,「SuSE Linux Enterprise Server」に対応させる。現在,金融,医療,行政,技術コンピューティング分野の顧客を対象に,ベータ・プログラムを実施している。

 「当社とSuSE社の提携は,顧客の要求に直接応えたもの。顧客は,柔軟性と安定性のあるSuSE社の製品と,VERITAS社がもたらす集中化ストレージ管理の利点を組み合わせたソリューションを望んでいる」(VERITAS社製品事業部門執行バイス・プレジデントのMark Bregman氏)。

 SuSE社チーフ・アライアンス・オフィサのUwe Heine氏は,「両社の協力が,データ・センターにおけるオープン・ソースの導入を大幅に促進するだろう。VERITAS社が提供するツールによって,SuSE社の顧客はセキュリティ確保,コスト削減,Linuxの安定化を図ることができる」と述べた。

◎関連記事
「全てのストレージ関連ソフトをLinux対応に」,ベリタスが表明
ベリタスがLinux市場に本格参入
米Red Hat,大企業向けLinux「Red Hat Enterprise Linux 3」を発表,米Dellなどが対応表明
「Linuxを利用する企業は59%,理由は『安定性』『性能』『セキュリティ』など」,米調査より
“節操のなさ”ゆえに愛されるLinux
「2002年の世界OS市場,米マイクロソフトがサーバー分野でシェア拡大」,米IDC
オープンソースは次代の“反骨精神”を育てられるか
「オープンソースで企業システムが変わる」--日経システム構築誕生記念セミナーから

[発表資料へ]