PR

 米Palmは,同社の年次株主総会において,株主が傘下のPalmSourceの分離独立を承認したことを米国時間10月28日に発表した。Palm社は,同社は,PalmSource社株式のおよそ86%を所有しているが,これを同日付けでPalm社の株主に分配する。Palm社の株主は,発行済み株式1株につきPalmSource社の株式0.31株を受け取ることになる。

 また,Palm社の株主は,米Handspringの買収も承認している。Handspring社の株主もPalm社による買収を承認している。この合併は,Palm社がHandspring社の株主に対しておよそ1390万株を発行する。Handspring社の株主は,発行済み株式1株につきPalm社の株式0.09株を受け取ることになる。合併された会社は,名称を「palmOne」と変更して10月29日より事業を開始する。

 PalmSource社は,独立後もその名称を維持する。独立分離により,同社はPalm OSのライセンス先の増加,競争力の増強,技術変化と顧客ニーズへの対応の改善,PalmSourceの事業と戦略的な事業展開への注力,資本市場へのアクセスといったメリットを期待している。

 「PalmSource社は,ハンドヘルド業界において首位を収めるオペレーティング・システムのプロバイダであり,独立したことにより,新しく異なるライセンス先を獲得してPalm Economyを構築するだろう。palmOne社は,モバイル・コンピューティングと通信においてより強いリーダーシップを発揮するとともに,幅広い品ぞろえ,流通チャネルによって顧客のニーズに対応できる」(PalmSource社とpalmOne社の会長のEric Benhamou氏)

 palmOne社の取締役会は,Palm社からの取締役7名,Handspring社からの取締役3名で構成される。palmOne社の社長兼CEOには,Palm Solutions Group社の社長兼CEOを務めるTodd Bradley氏が就任する。Handspring社会長兼CPO(最高製品責任者)のJeff Hawkins氏は,新会社のCTO(最高技術責任者)となる。スマートフォン・ソリューションズ部門はHandspring社社長兼COO(最高業務執行責任者)のEd Colligan氏が担当し,ハンドヘルド・コンピューティング・ソリューションズ部門はPalm Solutions社販売/マーケティング担当上級副社長のKen Wirt氏が担当する。

◎関連記事
米Palmが今秋社名を変更へ,新名称は「palmOne」
米Handspringの2003年7~9月期決算,前年同期から大幅減収だが赤字縮小
米Palmが米Handspringを買収

発表資料(1)
発表資料(2)