PR

 米Time Warner傘下のAmerica Online(AOL)は,今春より運用している会員向けウイルス・メール・フィルタリング・サービスで5億通以上のウイルス付き電子メールを阻止できたと,米国時間11月6日に発表した。「会員1人当たりだと2週間に1回,つまり計15通のウイルス・メールを防いだことになる」(AOL社)

 同サービスは,米Network Associatesの「McAfee VirusScan」サービスを利用している。2003年4月に提供を始めたもので,AOL会員は無料で利用可能。AOL社のサーバーが出入りする電子メールの添付ファイルを自動的に検査し,ウイルスやワームの有無を調べる。感染を見つけたら除去を試み,うまくいかない場合は感染の事実を伝えるメッセージとともに送信者にその電子メールを返送する。

 同サービスについて,AOL社最高信用責任者(Chief Trust Officer)兼インテグリティ保証担当上級副社長のTatiana Gau氏は「毎週数100種類ものウイルス/ワームが新たに発生することから,もはや贅沢品などではなく,生活必需品だ」と述べる。「無防備なブロードバンド接続に起因する危険性が高まっている。これは,(悪意のある)ハッカーが,銀行口座や家族の写真,秘密のファイル,個人情報など,家族の重要な情報にアクセスしかねない状態なのだ」(同氏)

 そのほかの状況は以下の通り。

・会員に届く電子メールのうち,毎日約100万通を阻止している

・最も阻止件数が多かったのは,Sobig.fワームが大発生した8月20日で,24時間で約2400万通の電子メールを阻止した

Sobig.fワームの感染が最も多く,阻止した合計5億通の電子メールのうち約3億5000万を占めている。以下Swen,Sobig.e,FizzerBugbear.bが続く。

◎関連記事
米AOLと米McAfee,AOL会員向けに有料ウイルス・プロテクション・サービスを提供
米Microsoft,ウイルス撲滅に向けた懸賞金プログラムに500万ドルを用意
「混合型の攻撃が増加」,米Symantecがインターネット・セキュリティに関する調査結果を発表
「米国ネット・ユーザーの32%がウイルスなどの被害経験あり」,米Edelmanの調査
「ウイルスは送信者アドレスを偽造する」――IPA
「2007年のアンチウイルス・ソフト市場は現在の2倍の44億ドル規模に」,米IDC調査
8月のウイルス・ランキング,ワースト1はSobigの亜種「Worm/Sobig.F」
「8月のウイルス届け出件数は今年最多,BlasterやSobigが原因」――IPA

[発表資料へ]