PR

 米Red Hatとオープンソース・ソフトウエア開発を手がける団体Fedora Projectは,一般ユーザー向けLinuxディストリビューション「Fedora Core 1」を公開した。Red Hat社が米国時間11月6日に明らかにしたもの。同団体のWebサイトから無料でダウンロードできる。

 Fedora Core 1は,Red Hat社の「Red Hat Linux 9」の後継版に当たるソフトウエアで,同団体として初めてのリリースという。Red Hat社の社内プロジェクトとFedora Projectが共同で開発を進めており,Red Hat社は資金,開発者,管理面の支援も行っている。

 今後両者は,カーネル2.6ベースのディストリビューション「Fedora Core 2」の開発に取り組むとしている。

 なおRed Hat社は,一般向けLinuxの事業をFedora Projectに移管したことで,「Red Hat Enterprise Linux」など企業向けソリューション事業へ注力する。

◎関連記事
米レッド・ハット,「Red Hat Linux 9」をリリース
米Red Hat,オープン・ソース・ベースの企業向けアーキテクチャを発表
米レッドハットが企業向けLinuxを拡充,「Red Hat Enterprise Linux ES」と「同WS」を発表
米Red Hatの2003年6~8月期決算,大企業向けLinuxの会員収入が前期比21%増加
企業向けLinuxの統一を目指す団体が「UnitedLinux Version 1.0」を発表
Linuxに業界再編の波
Linuxに黄金時代をもたらすもの
Linux最新ディストリビューション

[発表資料へ]