PR

 米Dellが米国時間11月13日に,2004会計年度第3四半期(2003年8~10月期)の決算を発表した。売上高は106億ドルで,前年同期比16%増加。純利益は同21%増の6億7700万ドル。1株当たり利益は同24%増の26セントとなった。

 「当社の売上高は2年前と比べて40%以上成長している。当社を除いた同期間の業界全体は,基本的に横這い状態だ」(Dell社)

■2003年10月末時点の業績(1株当たり利益を除いた単位:100万ドル)

                2003年8    2002年8  成長率   2003年     2002年  成長率
               ~10月期   ~10月期          1~10月    1~10月

売上高         $10,622    $ 9,144    16%    $29,932    $25,669    17%
営業利益       $   912    $   758    20%    $ 2,563    $ 2,025    27%
純利益         $   677    $   561    21%    $ 1,896    $ 1,519    25%
1株当たり利益  $  0.26    $  0.21    24%    $  0.72    $  0.57    26%

 Dell社会長兼CEOのMichael Dell氏は「2003会計年度第4四半期(2003年11~2004年1月期)の製品出荷台数は前年同期比25%以上伸びるだろう。売上高は同18%増の115億ドル,1株当たり利益は同22%増の28セントを見込む」と述べた。

 当期における製品出荷台数は22%増加した。戦略市場である中国,フランス,ドイツ,日本,米国の合計出荷台数は32%伸びた。

 日本を含むアジア太平洋地域の製品出荷台数は35%増加。サーバーとノート・パソコンはそれぞれ37%増と36%増だった。中国はサーバーが67%増,ノート・パソコンが70%増と,急速な伸びをみせた。

 欧州,中東,アフリカ(EMEA)の製品出荷台数は26%増加。英国がとくに好調で,30%増加した。フランスでは,サーバー出荷台数が37%伸びた。

 米大陸の製品出荷台数は20%増加した。米国では,消費者向けが28%増,中小企業向けと行政機関向けはともに22%増だった。

 当期のサーバー出荷台数は,世界全体で30%増加した。この伸び率は,他のメーカーの平均をほぼ2倍上まわる数字だという。外付けストレージの売上高は68%増加し,企業向けコンピューティング・システム事業は32%成長した。

◎関連記事
米Dellの2003年5月~7月期決算は売上高98億ドル,純利益6億ドル,「過去最高の四半期」
米Dellの2003年2~4月期決算は18%増収31%増益,製品出荷台数は29%増加
米Sunが2004年Q1の決算報告,10期連続で売上高が低下
米Appleの7~9月期決算,製品販売が好調で前年同期比19%増収
米IBMの2003年Q3決算は増収増益,「来年は約1万人の新規採用を予定」
「2003年の世界サーバー市場は前年からほぼ横ばい。日本,西欧,中南米が不振」,米IDC調査
2003年Q2の世界サーバー市場,前年同期比0.2%増でこれまでの減少傾向に歯止め
「2003年Q3の世界PC出荷台数は15.7%増の3840万台,ノートPCがけん引」,米IDC

[発表資料へ]