PR

 米Cisco Systemsは,企業ネットワークをウイルスやワームから保護する同社のプログラム「Network Admission Control」において,米Network Associates,米Symantec,米Trend Microの3社と協力体制を敷く。Cisco社が米国時間11月18日に明らかにしたもの。

 Network Admission Controlは,Cisco社のルーターを用い,企業ネットワークにアクセスするコンピュータ,PDA(携帯情報端末),サーバーのセキュリティ・レベルを評価する。OSのパッチ・レベルや,最新ウイルス定義ファイルの適用の有無を確認し,基準に達していないデバイスはアクセスを拒否したり,アクセスできるリソースを限定する。

 Network Admission Controlで中核的な役割を果たすのが,端末で運用するCisco社のソフトウエア「Trust Agent」である。Trust Agentは複数のセキュリティ・ソフトウエアから端末のセキュリティ情報を収集する。Cisco社は,Network Associates社,Symantec社,Trend Micro社の3社にTrust Agentのライセンス供与を行い,各社がセキュリティ・ソフトとTrust Agentを連携できるように支援する。

 さらにCisco社は,Trust Agentを同社のソフトウエア「Security Agent」と統合する。Security Agentは,ノート・パソコン,デスクトップ・パソコン,ホスト・サーバーなどに分散ファイアウォール機能を提供し,不正侵入を防ぐ。

 同プログラムは2004年半ばに開始する予定で,対応OSは,Windows NT,Windows XP,Windows 2000となる。

 Cisco社社長兼CEOのJohn Chambers氏は,「あらゆる企業の情報システムにとって,ネットワークは不可欠なものとなっている。このため企業ネットワークを,ウイルスやワームの脅威から保護することは企業の最優先課題である。Network Admission Controlは,ネットワークが実害を受ける前に脅威を回避できるプログラムだ」と説明する。

 また,Network Associates社は同日,企業が最新のウイルス防御技術を利用できるように,同社の「McAfee Security」技術にTrust Agentを統合することを発表した。

 Network Associates社は,ネットワークに接続するシステムが,一定のセキュリティ基準に達していることを認証するための包括的な取り組み「McAfee Trusted Connection」を推進している。「Cisco社などの大手企業と連携して,企業ネットワークに接続するシステムが,攻撃を手助けする要因とならないように監視する」(Network Associates社会長CEOのGeorge Samenuk氏)

◎関連記事
米Cisco Systems,セキュリティ・ソフト会社の米Okenaの買収を完了 
米シスコがエンドポイント・セキュリティ・ソフトの米Okenaを買収
米Ciscoが企業向けネットワークのセキュリティ向けに12製品を発表
シスコ,ファイアウォールやIDSなどのスイッチ用セキュリティ・モジュールを出荷
米シスコがVPN/ファイアウオール製品を拡充,「遠隔アクセスVPNの安全を確保」
Blasterが残した教訓~被害の実態と今後の対策~ 
的確なセキュリティ情報の提供を,ユーザーが求めるのは“量”よりも“質”
「企業のセキュリティ関連支出が増加」,米Vista Researchの調査

[発表資料へ]