PR

 英Vodafone Groupは英国時間11月18日,2003年4~9月の業績を発表した。売上高は169億ポンド(約287億ドル)で,前年同期間と比べて13%増加。税金,営業権償却費,特別費控除前の利益は54億ポンド(約92億ドル)で,同26%成長。営業権償却費および特別費控除前の1株当たり利益は,同46%増の4.78ペンス(約8セント)となった。

 特別費用を含めたEBITDA(利子,税金,減価償却費控除前利益)は66億ポンドで,同19%増加した。ただし営業権償却費控除後は,43億ポンドの損失となる。

 Vodafone Group社CEOのArun Sarin氏は,「厳しい市場状況にありながら,すばらしい業績を収めた半年間だった。比例加入者数は1億2500万を超え,売上高とEBITDAが2ケタ成長を遂げた」と述べた。

 音声サービスによる収入は118億8200万ポンドで,前年同期間と比べて14%成長。データ・サービスによる収入は21億8600万ポンドで,同29%増加した。

 加入者1人当たりの平均売上高(ARPU)は,2002年10月~2003年3月の半年間と比べて,イタリアで2.3%,英国で1.7%増加した。ドイツでは横ばい,日本では2.7%減少した。

 同社は今後の業績見通しについても明らかにした。モバイル事業収入(為替の影響を除く)は2003年4月~2004年3月に約10%成長,2004年4月~2005年3月に1ケタ台後半の成長率となる見込み。

◎関連記事
Ericssonの2003年Q3決算,前年同期比16%減収だが赤字を縮小
Sony Ericssonの2003年Q3決算,前年同期比50%増収で黒字転換
フィンランドのNokia,2003年Q3決算,携帯電話機の出荷増加で売上高とESPの目標を達成
米Motorolaの2003年Q3決算,前年同期比増収増益で「明るい兆し」
「2003年Q3の携帯電話機出荷台数,前年同期比21%増で1億3010万台」,米IDCの調査
「2003年Q2の携帯電話販売台数は前年同期比12%増の1億1490万台」,米ガートナーの調査
「2003年Q2の携帯電話機出荷台数は前期比2%増,買い換えが約2/3を占める」,米調査
フィンランドのNokia,第3世代携帯電話規格「cdma2000 1xEV-DV」のストリーミングをデモ,IPv4/IPv6対応携帯電話を発表

[発表資料へ]