米VERITAS Softwareと米Cisco Systemsは,大規模SAN用スイッチ「Cisco MDS 9000 Series」で使用可能なストレージ管理ソフトウエア「VERITAS Storage Foundation for Networks」を米国時間11月24日,発表した。両社はスイッチと管理ソフトウエアを統合し,1つのソリューションとして提供する。

 VERITAS Storage Foundation for Networksは,Cisco社のAdvanced Services Module(ASM)上で動作し,ファイバ・チャネル・ポートから制御する。Cisco MDS 9000 Seriesでストレージ管理機能を実現でき,さまざまなベンダーのストレージ機器に対応している。

 ストレージの仮想化や集中管理,設置場所の集約などが行えるので,多種多様なサーバーとストレージ機器が存在する環境でデータのアクセス性を高められるという。「ネットワーク上でストレージ管理サービスを集約することで,稼働時間の延長,管理経費の低減という効果がある。最終的には,全体的な運用/管理コスト削減につながる」(両社)

 同ソリューションの集中管理は,VERITAS社のストレージ・リソース管理ソリューション「SANPoint Control 3.6」で行う。ポリシー/性能管理,ストレージ機器の設定,ゾーン分離といった機能を連携させて,複数ベンダーのネットワーク・ストレージ環境の管理作業を簡素化できるという。

 VERITAS Storage Foundation for Networksは,スタンダード版とエンタプライズ版を直ちに利用可能とする。ホスト・バス・アダプタおよびストレージ・コントロール・ポートごとにライセンスを割り当て,価格は1万2000ドルから。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,米IBMもCisco社製スイッチ向けのストレージ管理ソフトウエアを開発し,12月にリリースを予定しているという(関連記事)。ただし,同ソフトウエアは当初IBM社のストレージ機器だけに対応し,他社のストレージ・システムで利用可能となるのは2004年前半になる見込み。

◎関連記事
米Ciscoと米IBM,SAN向けにボリューム管理を一元化するスイッチを提供
米HP,米Ciscoのスイッチ製品でSANソリューションを拡張
米IBMと米EMC,ストレージ製品の相互サポートで提携拡大
「ストレージの“バーチャリゼーション”は広がっている」と米国ベンダー幹部
「米企業の85%はデスクトップ/ノート・パソコンのバックアップが不十分」,米調査
SNIAのストレージ相互運用管理規格がテスト段階に
2003年Q2の世界ディスク・ストレージ・システム市場は前年同期比3.9%減収,特に日本が不振
2002年のストレージ管理ソフト市場は初のマイナス成長,前年比6%減で47億ドル規模

[発表資料へ]