PR

 米Xybernautと中国の北京航空航天大学(BUAA)は,モバイルおよびウエアラブル・コンピューティングの研究開発と,中国の民間および政府分野における同技術の応用に関して協力体制を敷く。Xybernaut社が米国時間11月24日に明らかにした。

 Xybernaut社が知的資産やノウハウを提供する。一方BUAAは政府機関や企業とのつながりを活かして,開発や航空/航空宇宙分野向け試験プログラムのための資金獲得に努める。また両者は,研究センター「National Center of Competence for Wearable Technology」を設立する。

 この共同プロジェクトを通じて,「BUAAの学生および学部関係者と,政府機関や民間企業が,最新のモバイル・ウエアラブル技術に触れる場を提供する」(Xybernaut社)。大学のカリキュラムや開発作業では計算,通信,情報処理,マン/マシン・インタフェースなどを取りあげる。

 Xybernaut社会長兼CEOのEd Newman氏は,「今回の提携により,中国はモバイルおよびウエアラブル・コンピューティングの開発を加速できる。また当社は,製品を中国の主要産業に向けて展開するチャンスをつかむことができる」と説明した。

 「Xybernaut社が特許を取得しているコンピューティング・アーキテクチャや位置ベースの情報配信技術は,中国市場に向けた斬新な商用製品の開発をはじめ,政府機関や提携企業における応用技術の研究に大きく貢献するだろう」(BUAAコンピュータ・サイエンス/エンジニアリング学部副学部長のBo Li氏)

◎関連記事
米Xybernautと中国のGolden Cellularが提携,中国でウエアラブル・コンピューティング製品を提供
米Xybernautと仏Cap Gemini,企業向けウエアラブル・コンピューティングの提供で合意
米Xybernaut,ウエアラブル・コンピュータの発熱対策技術で欧州特許を取得
米Xybernaut,厳しい環境下で利用可能なコンピューティング・デバイスに関して米国特許を取得
米サイブナーと米TSGが重要施設向けウエアラブル・ソリューションを発表,「現場で設計図などにアクセス」
日立と米Xybernaut,消費者向けウエアラブル・コンピュータ開発で提携
Xybernaut,Bell Canada,IBM Canadaがウエアラブル・コンピュータの実地試験を開始
今後10年間で頭角を現す技術,顧客セルフサービス,Webサービス,ウエアラブル

[発表資料へ]