PR

 米IDCは,2003年第3四半期の世界サーバー市場についての調査結果を米国時間11月26日に発表した。それによると,同期における工場出荷時の売上高は前年同期比2%増の108億ドルで,IDCの事前予測を1ポイント弱上回った。これで2四半期連続して売上高の前年同期比がプラス成長となった。なお2003年第1四半期までは,9四半期連続で売上高が減少していた。

 クラス別にみた場合,2万5000ドル未満のエントリ・サーバーが好調で,売上高は前年同期比9.5%増,出荷台数は同19.5%増となった。ミッドレンジ・エンタプライズ・サーバー(2万5000ドル~49万9999ドル)の売上高は前年同期に比べ7%増加したのに対し,ハイエンド・エンタプライズ・サーバー(50万ドル以上)は14%減。「IT予算の締め付けが影響していることに加え,エントリ・サーバーへの移行という要因もある」(IDC)

 売上高ベースの市場シェアは,米IBMが31.1%(前年同期比1.4ポイント増)で首位になり,米Hewlett-Packard(HP)が27.7%(同0.4ポイント増)で2位。3位の米Sun Microsystems(シェア10.8%)と4位の米Dell(同9.5%)との差は前年同期よりも小さくなった。IDCによると,Dell社は6四半期連続でシェアを拡大しているという。


■2003年第3四半期の世界サーバー市場,メーカー別工場出荷時の売上高
(単位:100万ドル)
===========================================================================
メーカー 2003年Q3 2002年Q2 成長率
売上高 市場シェア 売上高 市場シェア
---------------- ------------------- ------------------- ------
IBM 3,368 31.1% 3,160 29.7% 6.6%
Hewlett-Packard 2,997 27.7% 2,895 27.3% 3.5%
Sun Microsystems 1,165 10.8% 1,285 12.1% -9.3%
Dell 1,025 9.5% 919 8.6% 11.6%
富士通/
Fujitsu Siemens 684 6.3% 702 6.6% -2.5%
その他 1,590 14.7% 1,663 15.7% -4.4%
合計 10,830 100.0% 10,625 100.0% 1.9%
===========================================================================
出典:IDC(2003年11月25日)

 分野別にみた場合の主な調査結果は以下の通り。

・x86アーキテクチャ・サーバー:
 米Intelおよび米AMDのx86プロセサ・ベースのサーバーは,売上高が前年同期比8.3%増,出荷台数が同21.4%増となり,サーバー市場をけん引する大きな力となっている。なかでもブレード・サーバーは,同期だけで5万台以上が販売され,2003年の累積販売台数は12万台を超えた。

・Linuxサーバー:
 売上高は前年同期比49.8%増の7億4300万ドル。出荷台数は同51.4%増。これで前年同期比プラス成長は6四半期連続。「このことは,Linuxが一時的に人気を集めた技術などではなく,高性能コンピューティング(HPC)や商用市場といった現実世界の要求に応えられることを実証している」(IDC)

・Windowsサーバー:
 売上高は前年同期比10.3%増の34億ドルで,市場全体の31.7%を占めた。出荷台数は同21.4%増。

・UNIXサーバー:
 売上高は前年同期比3.8%減の41億ドル。7四半期連続の減少だが,そのなかでは最も下げ幅が小さかったという。出荷台数は同4.3%増。売上高ベースの市場シェアはHP社が33.8%で1位。前期1位だったSun社は28.4%で2位に落ち,IBM社が25.6%で3位になった。IBM社のシェアは前年同期比2ポイント増で,トップ5ベンダーのなかで最も大きな伸びを示した。

◎関連記事
2003年Q2の世界サーバー市場,前年同期比0.2%増でこれまでの減少傾向に歯止め
「2003年Q1の世界サーバー市場,エントリ・サーバーの人気が依然高い」,米IDCの調査
米HPの2003年8~10月期決算,売上高は前年同期比10%増の199億ドルで「アナリスト予測を上回る」
米Dellの2003年8~10月期決算は前年同期比16%増収,「サーバーやストレージが好調」
米Sunが2004年Q1の決算報告,10期連続で売上高が低下
米IBMの2003年Q3決算は増収増益,「来年は約1万人の新規採用を予定」
「米国企業のIT投資,2003年10月は低調だが2004年に回復の見込み」,米ガートナの調査
「2004年のIT支出は前年比4%増にとどまる見込み,景気回復基調ながら企業は慎重」,米調査

[発表資料へ]