PR

 米Central Commandと英Sophosが米国時間12月1日に,2003年11月のウイルス・ランキングをそれぞれ明らかにした。ともに「Mimail」とその亜種がランキングの半分を占めた。

 Central Command社が発表したワースト1は「Gibe.C」ワームだった。しかし,「ワースト12のうち6つがMimail系で,合計27.2%を占めた」(Central Command社Products and Services部門バイス・プレジデントのSteven Sundermeier氏)。Central Command社のウイルス調査チームEmergency Virus Response Teamのデータをもとにしたワースト12は以下の通り。

1.  Worm/Gibe.C     19.2%
2.  Worm/Sober      18.6%
3.  Worm/Klez.E      7.7%
4.  Worm/Mimail.G    7.0%
5.  Worm/Mimail.C    6.4%
6.  Worm/Hawawi.G    4.7%
7.  Worm/Mimail.I    4.5%
8.  Worm/Mimail.J    3.9%
9.  Worm/Mimail.H    3.8%
10. Worm/Bugbear.B   2.4%
11. Worm/Nachi.A     1.8%
12. Worm/Mimail.A    1.6%
    その他          18.4%

出典:Central Command社

 「『Mimail.I』や『Mimail.J』はクレジット・カード番号などの機密情報を盗もうとするため,コンピュータがダメージを受けるというこれまでの懸念よりさらに深刻な危険性を持っている」(Sundermeier氏)

 一方,Sophos社のランキングでは,「Sober-A」がワースト1だった。また,ワースト10のうちMimailとその亜種が半分を占めた。「ウイルス作成者や悪意のあるハッカー(クラッカー)は,重要な情報を盗み出すことにますます力を注いでおり,被害者は莫大な損害を被る可能性がある」(Sophos 社上級セキュリティ・アナリストのChris Belthoff氏)。Sophos社が発表したワースト10は以下の通り。なお,「Klez-H 」は22カ月間,ランキングに入っている。

1.  W32/Sober-A     (Sober worm)        32.6%
2=  W32/Mimail-C    (Mimail variant)     9.5%
2=  W32/Mimail-F    (Mimail variant)     9.5%
4.  W32/Dumaru-A    (Dumaru virus)       8.0%
5.  W32/Mimail-A    (Mimail worm)        5.1%
6.  W32/Gibe-F      (Gibe variant)       4.5%
7.  W32/Nachi-A     (Nachi worm)         2.6%
8.  W32/Mimail-J    (Mimail variant)     2.4%
9.  W32/Klez-H      (Klez variant)       2.2%
10. W32/Mimail-E    (Mimail variant)     1.5%

    その他                              22.1%

出典:Sophos社

 ちなみに,Sophos社が2003年11月に新たに検出したウイルスは724種で,現在,同社製品が防御できるウイルスは8万6081種という。

 また同社は,2003年11月における偽情報のワースト10も発表した。ランキングは以下の通り。

1.  Hotmail hoax                      31.3%
2.  Meninas da Playboy                12.7%
3.  Bonsai Kitten                      6.2%
4.  Budweiser frogs screensaver        4.7%
5.  JDBGMGR                            4.0%
6.  A virtual card for you             3.8%
7.  Bill Gates Fortune                 3.0%
8.  Frog in a blender/Fish in a bowl   2.9%
9.  WTC Survivor                       2.3%
10. Do not push 90#                    1.8%

    その他                            27.3%

出典:Sophos社

電子メール・アカウント失効通知を装うワーム「Worm/MiMail.A」をベンダー各社が警告

米Network Associates,「Mimail.i」ワームの危険度評価を「中」に
「2003年4月のウイルス・ワースト1は『Klez』で15カ月連続のランクイン」,英Sophosの調査 
別名で自身のコピーを作成するSober.Aワームに注意
2003年上半期のウイルス被害,6月に登場したばかりの「Bugbear-B」がワースト1
「スパム,ウイルス,悪意のあるコードのピークは12月」,英Clearswiftが警告
ウイルス作者と対策ソフトのいたちごっこは終わらない
2003年5月のウイルス被害状況,ワースト1は米MSの技術サポートを装う「Palyh」

[発表資料(Central Command社のプレス・リリース)]
[発表資料(Sophos社のプレス・リリース)]