PR

 米PeopleSoftは,同社の企業向け調達ソフトウエア「PeopleSoft Enterprise Services Procurement」のラインセンスを米IBMに供与したことを,米国時間12月1日に発表した。IBM社は同ソフトウエアを利用し,情報サービス人材を扱うサプライヤとの関係管理を簡素化する。

 PeopleSoft Enterprise Services Procurementは,PeopleSoft社のサプライヤ関係管理スイート「Supplier Relationship Management(SRM)」の一つ。複数の通貨および言語に対応し,「ITとビジネス・サービスの支出を360度見渡せる一元的な統合プラットフォームを提供する。IBM社はコストを削減するとともに,サービス契約準拠を強化し,サプライヤのパフォーマンスとサービスの質を高めることができる」(PeopleSoft社)。IBM社は2004年に同ソフトウエアの導入を開始するという。

 IBM社電子調達および技術担当ディレクタのHenry Pruitt氏は,「PeopleSoft社のソリューションを当社の技術プラットフォームに追加し,顧客中心の効率的なサービス調達を実現する」と述べた。

 ちなみに米Aberdeenの調査によると,ビジネス・サービスの費用は企業の支出全体の30~50%を占めるという。プロフェッショナル・サービス会社の場合,その割合は80%を超える場合もある。

◎関連記事
米PeopleSoft,「PeopleSoft Connect 2003」にて新製品,強化したサポート・ポリシーを発表
独SAP,「mySAP SRM」にライブ・オークションとサービス調達機能を追加
「調達コスト削減を狙いmySAP SRMユーザーが急増」,独SAPが導入状況を発表
「企業はSCM導入に手を焼いており,活用は不十分」,米企業の調査
「サプライ・チェーン投資で期待通りの成果を上げていない企業は45%」,米調査から
米IBMと米i2,SCMソリューション・サービス提供で提携関係を強化

「企業のIT予算は2004年に2%増加」,米AMR Researchが調査結果を発表
「企業のIT支出,今後1年間で平均5.6%増額予定」,米誌の調査

[発表資料へ]