PR

 米PeopleSoftは,計画していた株式の買い戻しを完了したことを12月2日に発表した。買い戻した普通株式の数は,1651万5000株。およそ3億5000万ドルに相当する。同社は,9月4日に買い戻しの意向を表明していた。

 今回の株式買い戻しは,ライバルの米Oracleの敵対的買収計画に対抗する戦略のひとつ。Oracle社は,PeopleSoft社の買収額として73億ドルを提示している。Oracle社は,前週引き続き買収意思の表明をしたが,PeopleSoftは抵抗を繰り返している。PeopleSoft社は,議論をよんでいる顧客向け払い戻しプログラムを11月に拡張しており,同社を買収した企業には高いコストがかかる仕組みを作った。また,新しい取締役会のメンバー指名に関しては,Oracle社が有利な候補者を探す時間を短くするために,締め切りを早めている。

◎関連記事
米Oracleの米PeopleSoftに対する敵対的買収提案,ECが調査を延期
米PeopleSoft,米J.D. Edwardsの残りの全株式を買収
米Oracle,米PeopleSoftの株式買付金額を1株当たり19ドル50セントに引き上げ
米Oracleと米PeopleSoftの訴訟,審理が延期に
米PeopleSoft,米J.D. Edwardsの残りの全株式を買収

発表資料(1)
発表資料(2)