PR

 米Lindows.comは米国時間12月3日に,ノート・パソコン向けOS「LindowsOS Laptop Edition」のリリースを明らかにした。

 LindowsOS Laptop Editionは電源管理機能を備えており,バッテリ・メニューから「Sleep」を選択するか,ノート・パソコンのカバーを閉じると,仕掛かり中の作業をすべて保存して,電源消費量を最小限におさえる。電源ボタンを押すと,もとの状態に復帰する。

 また各種のWi-Fiカードをサポートし,ノート・パソコンにWi-Fiカードを装着して「わずか2回の手順で」(Lindows.com)Ethernet接続から無線接続に切り替えられる。そのほか,多数の新型ノート・パソコンが搭載している,WWWブラウザや電子メールにすぐにアクセスするためのワンタッチ・ボタンにも対応する。

 「2002年にメーカーが出荷したノート・パソコンは3050万台にのぼる。これは世界パソコン市場の約25%を占める数字だ。LindowsOS Laptop Editionは,デスクトップ向けLinuxの長所を急成長するノート・パソコン分野にもたらし,廉価なモバイル・コンピューティングの普及を促進する」(Lindows.com 社CEOのMichael Robertson氏)

 LindowsOS Laptop Editionを搭載したノート・パソコンは,米PC ClubのWWWサイトですでに購入可能。携帯性を重視した重さ5.5ポンド(約2.5kg)の「Olympic Athena」と,デスクトップ・パソコン並みの機能を備えた「Olympic Spartan」の2モデルを用意する。価格は,Olympic Athenaが899ドル,Olympic Spartanが959ドル。

 またLindows.com社は,「CNR Warehouse」の会員を対象に,LindowsOS Laptop Editionを無償でダウンロード提供する(非会員の場合は49ドル95セント)。

◎関連記事
米Lindows.com,カナダ政府組織に「LindowsOS」対応パソコンを提供
米Lindows.com,449ドルのLindowsOS搭載オール・イン・ワンPCを発売
米Lindows.comがCD起動のパソコン「Lindows WebStation」を発表,価格は169ドル
「Linuxを利用する企業は59%,理由は『安定性』『性能』『セキュリティ』など」,米調査より
「Linuxパソコンをもっと普及させる」,コミュニティと企業がコンソーシアムを結成
「2003年Q3の世界PC出荷台数は15.7%増の3840万台,ノートPCがけん引」,米IDC
「2003年Q3の世界パソコン出荷台数は前年同期比14.1%増,ノートPCがけん引」,米Gartnerの調査

[発表資料へ]