PR

 米Microsoftはスウェーデンのストックホルムで,米Lindows.comに対する製品配布の差し止め命令を申請した。Lindows.com社が現地時間12月11日に明らかにしたもの。

 Microsoft社は,係争中の商標侵害訴訟の判決が下るまで,Lindows.com社に対してスウェーデンで「Lindows」「Lindows.com」「LindowsOS」マークの使用を禁じるよう裁判所に求めている。

 Lindows.com社CEOのMichael Robertson氏は,「Microsoft社は,訴訟を利用してLinuxを打ちのめそうとしている。Linuxが販売店に並ぶのを妨げるつもりだ」と述べた。

 「Microsoft社の本当の意図が独占的地位の維持であることを判事が見抜き,スウェーデンのコンピュータ・ユーザーにも,他の世界のユーザーと同様の選択肢を与えることを期待する。Microsoft社は米国でも同様の訴訟を起こして,Linuxが主流ユーザーに普及するのを防ごうとした。しかし,裁判所がMicrosoft社の要求を退けてきたため,今では100以上の小売業者がLinux搭載パソコンを販売している。Microsoft社はこの数年で初めて競争に直面しており,消費者の選択肢は広がっている」(同氏)

 Lindows.com社がストックホルム市裁判所から受け取った通知によると,Ulrika Carlehall裁判官はMicrosoft社の要求を認め,商標侵害訴訟がなんらかの解決に至るまで,Lindows.com社に製品配布を中止するよう命じている。この命令に背いた場合は,300万クローナ(約41万ドル)が課せられる。

◎関連記事
米Microsoftの米Lindows.comに対する商標権侵害訴訟,陪審裁判が2004年3月1日に延期
米マイクロソフトの米Lindows.comに対するWindows商標権侵害訴訟,陪審裁判が12月1日に延期
米Lindows.com,ノートPC向けOS「LindowsOS Laptop Edition」をリリース
「Windowsは登録商標として適切か」を争う訴訟が陪審裁判へ
「Linuxを利用する企業は59%,理由は『安定性』『性能』『セキュリティ』など」,米調査より
開発者の23%が「最も安全なOSはLinux」と回答,Windows XPは大幅ダウン,米調査
「Linuxパソコンをもっと普及させる」,コミュニティと企業がコンソーシアムを結成
独禁法裁判を切り抜けた米マイクロソフトに忍び寄るLinux勢力

[発表資料へ]