PR

 イスラエルのCheck Point Software Technologiesは,エンドポイント・セキュリティ・ソフトウエアを手がける米Zone Labsを買収する。両社が最終合意に達したことを,Check Point社が米国時間12月15日に明らかにした。買収金額は2億500万ドル。現金約1億3000万ドルと,約9200万ドル相当の株式で支払う。また,Check Point社の株式約290万株に相当するZone Labs社のストック・オプションも引き受ける。

 Check Point社は買収によって,Zone Labs社の従業員200人以上と多数の顧客を獲得し,「急成長を遂げるインターネット・セキュリティ分野で地歩を固める」(同社)。

 買収は,当局やZone Labs社の株主の承認を経て,2004年第1四半期に取引が完了する予定。Zone Labs社はCheck Point社の一部門となる。

 Check Point社CEOのGil Shwed氏は,「Zone Labs社は『ZoneAlarm』や『Integrity』などの製品を通じて,消費者や企業に優れたエンドポイント・セキュリティを提供している。Zone Labs社のビジョンや製品は,当社のVPN/セキュリティ・クライアント・ソリューション『SecureClient』を補完するものだ」と説明した。「買収によって,業界で最も包括的なエンド・ツー・エンドのインターネット・セキュリティを,一般ユーザーから大企業まで,さまざまな顧客に提供できるようになる」(同氏)

 Zone Labs社の製品には,企業向けエンドポイント・ソリューションのIntegrityや,ファイアウォール・ソフトZoneAlarmのほかに,インスタント・メッセージング向けセキュリティ・ソリューション「IMsecure」などがある。

◎関連記事
イスラエルのCheck Pointが小規模企業向けセキュリティ・アプライアンスを発表,価格は299ドルから 
Check Point,中企業向けVPNセキュリティ製品「Check Point Express」を発表 
チェック・ポイントがセキュリティ技術で米国特許を取得。「VPNの性能を10倍に」 
チェック・ポイントがハイエンド顧客とサービス・プロバイダ向けにセキュリティ製品を拡張
イスラエルのCheck PointがWebサービスのセキュリティを強化
イスラエルのチェックポイントがPDA用VPNソフト「VPN-1 SecureClient」を発表
米IBMがVPN/セキュリティ単機能サーバー「x330」を発表,チェックポイントの技術を組み込む
チェック・ポイントとノキアがセキュリティ製品のバンドル販売で提携

[発表資料へ]