PR

 米IBMと米Symbol Technologiesは,特定業界向けのモバイル・ソリューションで提携を結ぶことを米国時間12月15日,発表した。「工場の在庫および発注状況からレジでの販売いたるまで,小売業者が重要なデータを効率的に追跡できるようになる。そのほか,官庁,旅行会社,病院などの業務効率化にも役立つ」(IBM社)

 具体的には,Symbol社の技術とIBM社のソフトウエア,ハードウエア,サービスを統合したソリューションを共同開発し,販売する。IBM社のJavaソフトウエア「WebSphere Micro Edition」を搭載するSymbol社のモバイル機器で,IBM社のモバイル向け通信処理ソフトウエア「MQ Everyplace」のメッセージング機能を利用し,米Siebel,独SAP,米JD Edwards,米PeopleSoftのアプリケーションや,分散データベースの情報にアクセスできるようにする。

 「SCMの効率化,企業におけるITシステムの強化を支援し,販売の合理化とソフトウエア/ハードウエアの統合を実現する」(IBM社)

 Symbol社は,IBM社の組み込み型モバイル・ミドルウエアをデバイスに取り入れる。ユーザーはハンドヘルド機を使って,IBM社の「eServer x-Series」サーバーで稼働するバックエンド・システムにアクセスし,データを素早く取り出せるという。

 また,IBM社の「WebSphere Everyplace Connection Manager」の新バージョンにより,ハンドヘルド機やバーコード・スキャナ,POSシステムを使うユーザーは,iDEN,CDMA,GSM,無線LANやホットスポットなどのネットワークにローミング対応したモバイル向けVPNを通じて,企業データに高速アクセすることができる。

◎関連記事
米NCRと米Symbol Technologiesがセルフサービス型のショッピング・ソリューションで提携
米シンボル・テクノロジーズが「802.11」を利用したVoIP技術で特許を取得
独SAP,米HP,英ボーダフォン,企業向けモバイル・ソリューション提供で協力
米サンと米Aetherが企業および政府向けモバイル・ソリューションで提携
米Microsoft,モバイル・ソリューション向けサーバー製品新版を発表
「米企業の21%と欧州企業の35%がモバイル・ソリューションに着手」と米IDC
米Xybernautと中国の北京航空航天大学,モバイル/ウエアラブル・コンピューティングで提携 
「米国ではすでに労働者人口の45%がモバイル機器を利用」,米Gartnerの調査

[発表資料へ]