PR

 米VeriSignは,マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)を手がける米Guardentを買収する。両社が最終合意に達したことを,VeriSign社が米国時間12月17日に明らかにしたもの。買収金額は約1億4000万ドル。VeriSign社は現金と株式を提供してGuardent社の株式を取得する。手続きは2004年第1四半期に完了する見込み。

 Guardent社は,4年前に設立されたマサチューセッツ州に拠点を置く未公開企業。世界の金融サービス企業トップ50社のうち,15社にサービスを提供するなど,多くの顧客を保有しているという。Entrepreneur Magazine誌のHot 100 Fastest Growing Businesses,Crossroads誌のA-List Award,フランスCap Gemini Ernst & Youngの2002 Entrepreneur of the Year,Computerworld誌のTop 100 Emerging Companies to Watchといった賞で1位を獲得したことがある。

 約150人いるGuardent社の常勤従業員は,VeriSign社に移る。ロードアイランド州プロビデンスにあるGuardent社のSecurity Operations Center(SOC)は,VeriSign社のMSS運用センターとして継続させる。さらにVeriSign社は,Guardent社のセキュリティ・コンサルティング部門を自社のプロフェッショナル・サービス部門に組み入れる。

 この買収について,VeriSign社CEOのStratton Sclavos氏は「両社の力を合わせることで,ネットワーク・セキュリティにおける当社の地位をさらに強化できる」と説明する。「Guardent社の幅広い顧客層や脆弱性管理技術,セキュリティのノウハウを取り込むことにより,当社の顧客にさまざまなサービスの提供が可能となる」(同氏)

◎関連記事
米VeriSignの2003年Q3決算,前期から赤字を縮小
米VeriSign,レジストラ業務の売却手続きを完了
猛反発を食らった米VeriSignの「Site Finder」
米ベリサインが「.org」「.net」の登録管理権放棄へ,「.com」は死守
「欧州のVPN/セキュリティ関連支出,2003~2007年に69%拡大」,米調査
「マネージド・セキュリティ・サービス市場,2007年には590億ドル規模に」,米In-Stat/MDR
2003年のITサービス市場は前年から3.5%成長,企業のIT予算でセキュリティが初めて5%を越える
ITセキュリティ製品の支出は今後1年で成長の見込み,「知名度より品質重視」

[発表資料へ]