PR

 企業の支出管理ソリューションを手がける米Aribaは,ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)プロバイダの米Allienteを買収することで合意した。同社が米国時間1月7日に明らかにした。同社の買収により,数十億ドル規模のBPO市場におけるAriba社の調達サービスの拡張を狙う。

 「顧客は,企業全般に支出管理戦略を配備することによる利益を認識し始めており,このプロセスにアプローチするオプションも求めている。今回の買収でAlliente社のサービス・モデルをAriba社のESMソリューションに統合することにより,顧客はより多くの分野における支出を管理しながら節約が可能になる」(Ariba社社長兼CEOのBob Calderoni氏)

 契約のもと,Ariba社はAlliente社のすべての発行済み株式を買収する。手続きは,1月下旬に完了する予定。その他の詳細は明らかにされていない。

◎関連記事
米Ariba,「Ariba Spend Management」をアップグレード,管理サービス支出の管理機能を強化
「2008年のBPO市場は1460億ドル規模,ベンダーの誇大宣伝に要注意」,米企業の調査
カシオが米Aribaの調達ソリューション「Ariba Buyer」を採用,2004年までに5億円のコスト削減を見込む

発表資料へ