PR

 スウェーデンのMySQLが米国時間1月12日に,オープンソース・データベースの新版「MySQL 5.0」を発表した。「ストアード・プロシジャ機能を導入するなど,大規模なエンタプライズ・データベース・アプリケーション開発向けの機能強化を施した」(MySQL社)とする。試験/評価用のアルファ版を,現在MySQL社のWWWサイトで公開している。

 MySQLは,同社が開発しているオープンソースのデータベース・ソフトウエア。GNU General Public License(GPL)のもとで公開しており,誰でも無料でソース・コードの閲覧/改変/再配布が行える。

 新版では,トランザクション/リプリケーションに完全対応するなど,ミッション・クリティカルなエンタプライズ向け機能を組み込んだ。「企業や政府組織は,ITインフラを経済的に補足するソフトウエアとしてMySQLを導入することで,数100万ドルの経費を節約している」(MySQL社CEOのMarten Mickos氏)

 ストアード・プロシジャに対応したことで,既存の従来型データベース・アプリケーションにMySQLを導入する作業が容易になる。「アクセシビリティが向上するだけでなく,データ保全性と開発生産性も高まる」(同社)。なおMySQLのストアード・プロシジャは,SQL:2003をベースとしている。

 MySQL 5.0のストアード・プロシジャは,サーバー・サイド・カーソル機能にも対応。さらに,移植性,移行性,国際化,ユーザビリティを強化する新機能を採用したという。

◎関連記事
スウェーデンMySQLと独SAP,企業向けオープン・ソースDB開発で提携
スウェーデンのMySQL,オープンソース・データベースにItanium 2搭載HP-UX環境のサポートを追加
「MySQLの利用が過去6カ月で30%以上増加」,米Evans Dataがデータベース開発の調査結果を発表
スウェーデンのMySQL AB,高可用性クラスタリングのAlzatoを買収
MySQLで負荷分散クラスタリングを実現するソフト,日本に初上陸
2002年のRDBMS世界市場は前年比6.9%減少,米IBMが首位,Unix/Linux分野では米Oracleがリード
「米Microsoft製品に代わる選択肢を検討する企業や政府機関が増加中」,米調査
オープンソース・ソフトによるシステム開発を拒む障壁

[発表資料へ]