PR

 米IBMの役員会は,日産自動車の共同会長兼社長兼CEOであるカルロス・ゴーン氏を役員に選出した。IBM社が米国時間1月27日に明らかにしたもの。ゴーン氏は2004年3月1日より,同社役員会に加わる。

 IBM社会長兼CEOのサミュエル・J・パルミザーノ氏は,「ゴーン氏の国際ビジネスにおける経験と見識が当社役員会に新たな価値をもたらすだろう」と述べた。

 ゴーン氏は1999年,日産のCOOに就任。2001年に社長兼CEOに就き,2002年6月から共同会長も兼ねる。それ以前は,1996~1999年にフランスRenaultの執行バイス・プレジデントを務め,1979~1996年はフランスCompagnie Generale des Etablissements Michelinの欧州,ブラジル,米国事業で多数の管理職を歴任した。

 なお同氏は,米Alcoa,Renault社,ソニーの役員でもある。

◎関連記事
IBMを偉大な企業に作り直すパルミザーノ氏,オンデマンドの野望
米IBMの2003年Q4決算は9%増収で大幅増益,「すべての地域で成長」
米IBMが2003年の米国特許取得件数で過去最高を記録,11年連続で首位
2003年Q3の世界サーバー市場で1位」,米IBMが調査結果を引用
「CFOの60%以上が,業務プロセスのアウトソーシングを計画中」,米IBM調査より

「コストと品質の兼ね合いが分かる“ITサービス市場”を作る」

米Intel,元米通商代表のCharlene Barshefsky氏を役員に任命
米Sunの2004年Q2決算,前年同期比0.9%減収だが赤字は大幅縮小

[発表資料へ]