PR

 米Lindows.comの製品が商標権侵害にあたるとして,米Microsoftが同社製品の販売停止を求めていた件で,オランダの裁判所がMicrosoft社寄りの判決を下した。Lindows.com社が米国時間1月30日に明らかにしたもの。「この判決は,オランダのコンピュータ・ユーザーに低コストのLinuxを提供することを否定し,高価で脆弱なMicrosoft社のソフトウエアしか選択肢に残さないことを意味する」(Lindows.com社)

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,オランダのアムステルダムの地方裁判所はLindows.com社に対し,オランダ,ベルギー,ルクセンブルクで「Lindows」の名称を用いた製品の販売および宣伝を禁じる仮命令を言い渡した。

 Lindows.com社は「仮命令に従うが,控訴する意向だ」としている。

 Lindows.com社CEOのMichael Robertson氏は「Microsoft社が多数の弁護士と多額の資金を使って,デスクトップLinuxの普及に取り組む企業をつぶしにかかっていることは明らかだ」と述べた。「この策が米国では成功しなかったので,Microsoft社は有利に裁判を運べそうな国を選んでいるのだ」(同氏)

 なお,米国における商標侵害訴訟の審理は3月1日を予定している。ちなみに,スウェーデンの裁判所は昨年12月11日,Lindows.com社に対し,同訴訟がなんらかの解決に至るまで製品配布を中止する命令を下している。

◎関連記事
米Microsoft,スウェーデンにおける米Lindows.com製品の配布差し止めを要求
米Microsoftの米Lindows.comに対する商標権侵害訴訟,陪審裁判が2004年3月1日に延期
米マイクロソフトの米Lindows.comに対するWindows商標権侵害訴訟,陪審裁判が12月1日に延期
米Lindows.com,ノートPC向けOS「LindowsOS Laptop Edition」をリリース
「Windowsは登録商標として適切か」を争う訴訟が陪審裁判へ
「Linuxを利用する企業は59%,理由は『安定性』『性能』『セキュリティ』など」,米調査より
開発者の23%が「最も安全なOSはLinux」と回答,Windows XPは大幅ダウン,米調査
「Linuxパソコンをもっと普及させる」,コミュニティと企業がコンソーシアムを結成

[発表資料へ]