PR

 米Juniper Networksは,ファイアウオール/VPNセキュリティ機器を手がける米NetScreen Technologiesを買収することで合意書に署名した。Juniper社が米国時間2月9日に明らかにしたもの。手続きは2004年第2四半期に完了する予定。

 買収は株式交換方式で行う。Juniper社はNetScreen社の発行済み株式1株に対し,Juniper社の普通株1.404株を支払う。2004年2月6日のJuniper社株式の終値29.47ドルで換算すると,買収総額は約40億ドルにのぼる。

 「合併後の新会社は,セキュリティ,信頼性,性能など,ネットワーキングに必要不可欠な各要素を,いずれも質を落とすことなく顧客に提供する」(Juniper社)

 Juniper社会長兼CEOのScott Kriens氏は,「Juniper社もNetScreen社も,それぞれ実力を証明してきた。今後は両社の強みを持ち寄った最高クラスのソリューションで,市場への浸透を図る」と述べた。

◎関連記事
米Juniperと米Lucent,IPインフラ・ソリューションの共同開発などで提携
米Cisco,コア/エッジ・ルーターなどの新製品を発表
東京大学,米Juniper NetworksのT320を用いて日米間で7.5Gビット/秒を越える帯域幅を達成
「2003年Q3の世界のサービス・プロバイダ向けルーター市場は前期比19%増」,米調査
「サービス・プロバイダによるVPNとセキュリティ・サービスへの投資が続く」,米調査
英BT,企業向けネットワーク監視サービス「Applications Assured Infrastructure」を発表
米Verizon,中小企業向けネットワーク・セキュリティ・ソリューションを発表
「セキュリティ担当者の66%が『自社ネットワークが100%安全になることはない』と回答」,米調査

[発表資料へ]