PR

 米Evans Dataは米国時間2月9日,北米のソフトウエア開発者に関する調査結果を発表した。それによると,開発者の110万人以上が,オープンソースの開発プロジェクトにある程度の時間を割いていることが明らかとなった。

 また,北米ソフトウエア開発者の50万人以上が,64ビット・アーキテクチャの開発に時間を割当てているという。グリッド・コンピューティングのプロジェクトに従事する開発者は約25万人にのぼる。クラスタ・コンピューティングに携わる開発者は50万人以下で,これは北米開発者人口の17%にあたる。

 「今回の調査により,異なるアーキテクチャや言語ごとにソフトウエア開発者の数を測定できる。組織はこの調査結果をもとに,新たな製品やサービスの発表に先がけて,市場規模を正確に予測することが可能だ」(Evans Data社リサーチ・ディレクタのBrian Cooper氏)

◎関連記事
日本のオープンソース開発者,62.3%が国内コミュニティで主に活動
Linux普及団体OSDL,企業のデスクトップLinux普及促進に向けた作業グループを結成
米Red Hatがストレージ仮想化ソフトの米Sistinaを買収,全技術をオープンソース化
米Lindows.com,「LindowsOS 4.5」をリリース,SIP技術の搭載で世界中に無料通話が可能
米Novell,企業Linux向けソフト・スイート「Novell Nterprise Linux Services 1.0」を12月18日にリリース
「Eclipse」コンソーシアムが非営利団体としての独立を正式発表
オープンソース推進団体OSDLに中国企業が初の加盟
「MySQLの利用が過去6カ月で30%以上増加」,米Evans Dataがデータベース開発の調査結果を発表

[発表資料へ]