PR

 米Microsoftは,ウイルス/ワームなど悪意のあるコードやスパムに対抗する新技術を米国時間2月24日に発表した。同社会長兼チーフ・ソフトウエア・アーキテクトのBill Gates氏が,サンフランシスコで開催されているRSA Conference 2004の基調講演で明らかにしたもの。講演のなかで同氏は,現在ベータ版の「Windows XP Service Pack 2(SP2)」に含まれるセキュリティ機能のデモンストレーションも行った。

 同社は,ウイルス/ワームに対抗する技術を開発するとともに,パソコンが自ら攻撃を防御できるよう機能拡張を図っているという。これらを実現するため,将来リリース予定のWindows XP SP2には,「Windows Firewall」「Windows Security Center」,Internet Explorerの機能強化といったセキュリティ機能を新たに導入する。例えばWindows Security Centerは,ファイアウオール,自動アップデート,アンチ・ウイルスなどの重要なセキュリティ機能の状態を自動的に調べ,何らかの問題を見つけるとユーザーに通知して状況改善につながる作業手順を教えてくれる。

 また同社は,ウイルス/ワーム付き電子メールや迷惑メールへの対抗策として,「Exchange 2003」にSMTPリレー機能を実装する「Exchange Edge Services」について明らかにした。Exchange Edge Servicesは,SMTPリレーのほか迷惑メールの配信阻止機能なども備え,「ウイルス/ワームや迷惑メールからシステムを保護すると同時に,電子メール処理とルーティングの効率を向上できる」(同社)

 Exchange Edge Servicesに対しては,米Brightmail,GFI Software社,米Network Associates,スペインPanda Software,米Sybari Software,米Symantec,米Trend Microが支持を表明し,対応ソリューションの提供を計画中という。詳細については,Microsoft社のWebサイトに掲載している。

 さらにMicrosoft社は,スパム削減を図る構想「Coordinated Spam Reduction Initiative(CSRI)」と,電子メール発信者の身元を追跡する技術仕様を紹介した。この身元追跡仕様は,電話における発信者番号通知サービス(Caller ID)の電子メール版で,発信元のドメイン名を偽装するスプーフィング行為の防止に役立つという。

◎関連記事
WindowsXP標準のファイアウォールの限界は?
「1月はMydoomが猛威,巧妙化するウイルスに気をつけろ」――IPA
猛威を振るう「Mydoom」ウイルス,その“手口”を解説する
対岸の火事ではないスパム問題――ウイルスとの連携で深刻化の懸念
「スパム対策法の効果はいまいち,1月のスパム・メールは12月とほぼ同様」,米調査
米国のスパム対策法の気になる中身
今から始める迷惑メール対策
注目●スパム対策に乗り出したメール・サーバー

[発表資料(その1)]
[発表資料(その2)]