PR

 英Sophosは,2004年2月におけるコンピュータ・ウイルスの被害状況について調査した結果を,米国時間2月27日に発表した。それによると,ワーム「Sober-C」が被害全体の35.3%を占め,再びワースト1となった。ちなみに1月のワースト1は「MyDoom-A」だった。

 2004年2月の被害状況ワースト10は以下の通り。

順位   名称         全体に対する割合
--------------------------------------
1.  W32/Sober-C         35.3%
2.  W32/MyDoom-A        25.3%
3.  W32/Netsky-B         7.8%  
4.  W32/Bagle-B          5.3% 
5.  W32/Dumaru-A         2.6%
6.  W32/Mimail-J         2.4%
7.  W32/Mimail-C         1.8%
8.  W32/Mimail-Q         1.1%
9.  W32/Bagle-A          1.1%
10. W32/Gibe-F           1.0%
その他                  46.3%
--------------------------------------
出典:Sophos社

 「昨年12月にワースト1だったSober-Cの被害が,MyDoom-Aや『Netsky-B』『Bagle-B』を上回った」(Sophos社上級セキュリティ・アナリストのChris Belthoff氏)

 MyDoom-Aは,2004年2月1~12日に米SCO GroupのWWWサイト「www.sco.com」にDDoS攻撃を仕掛けるようプログラムされていたが,「期限がなければワースト1となっていた可能性がある」(同氏)。米MicrosoftのWWWサイトをねらった亜種「MyDoom-B」も登場したが,被害はあまり広がらなかった。

 同社はまた,2004年2月における偽情報のワースト10も発表した。7カ月連続ワースト1となった「Hotmail hoax」は単純なチェーン・メールのようなものだが,その他の偽情報にはパソコンのファイル削除を促す悪質なものもある。

■2004年2月の偽情報ワースト10
------------------------------------------------
 1. Hotmail hoax                     17.3%
 2. Meninas da Playboy               15.7%
 3. JDBGMGR                          10.1%
 4. Budweiser frogs screensaver       6.2%
 5. Bonsai kitten                     5.5%
 6. A virtual card for you            3.7%
 7. WTC Survivor                      3.6%
 8. Bill Gates fortune                3.4%
 9. Elf Bowling                       3.2%
10. Applebees Gift Certificate        2.8%
その他                               28.5%
------------------------------------------------
出典:Sophos社

◎関連記事
「1月はMydoomが猛威,巧妙化するウイルスに気をつけろ」――IPA
新たなワーム「Mydoom」が急速に拡大,「Sobig.Fなみの感染力」とアンチウイルス・ベンダー各社が警告
「『MyDoom』がインターネット史上最悪の急拡大,『SoBig.F』をはるかに上回る」,米社が報告
Mydoomの亜種「Mydoom.B」が出現,「オリジナルよりさらに危険」
アンチウイルス・ベンダー各社がBagle.Aの亜種「Bagle.B」を警告
アンチウイルス・ベンダー各社が新たなワーム「W32/BAGLE@MM」を警告
米Network Associatesが「W32/Netsky.c@MM」を警告,危険度は「中」
米Network Associatesが「W32/Netsky.b@MM」を警告,危険度は「中」

[発表資料へ]