PR

 米Eastman Kodakの日本法人であるコダックは,1月23日から2月26日にかけて行ったチノンに対する株式公開買付により87.3%の議決権を獲得した。Kodak社が東京と米国でそれぞれ現地時間2月27日に明らかにしたもの。これによりコダックは,チノンの株式と現金を交換する形で買収を実施し,チノンを完全子会社化する。さらに,横浜にあるコダックのデジタル・カメラ研究/開発センターをチノンに移管する。

 チノンは1948年に三信製作所として創業し,カメラの鏡枠/鏡胴の生産を始めた。その後1973年に社名をチノンに変更,カメラ向け部品などの開発/生産を行ってきた。1985年にコダック(当時イーストマン・コダック・ジャパン)と資本/業務提携し,同社に対するカメラのOEM供給をスタートさせ,1993年にはデジタル・カメラのOEM生産を開始した。現在チノンの売上高の100%近くはKodak社で占めるという。

 チノン社長の長晋氏と同社の役員会は,全会一致でコダックによる買収に賛成し,「コダックの100%子会社となることで,研究/開発,技術,事業,製造における能力を強化できる」という内容のコメントを出している。

◎関連記事
米Kodak,従業員の20%にあたる約1万5000人を削減へ
「2006年に160億ドル,2010年に200億ドルの売上を目指す」,米Eastman Kodakがデジタル事業の強化計画を発表
「米国企業競争力ランキングの2位に米Verizon,米Microsoftは7位」と米調査
キヤノン,エプソン,米HPが携帯電話からの写真印刷規格の標準化団体「MIPC」を設立
「Webサービスがデジタル写真プリント・サービスに大きな成功をもたらす」,米Gartner
デジタル・カメラの人気が急騰中,その理由は「電子メールで写真を送りたい」
パソコン不要の写真印刷技術――デジタルカメラが一斉採用
「米国世帯の20%がデジカメを所有,業界の今後の課題は長期保存」,米調査

[発表資料へ]