PR

 米PeopleSoftが,企業向け統合ソフトウエア「PeopleSoft EnterpriseOne」(旧称「J.D. Edwards 5」)をRed Hat Linuxに対応させると米国時間3月3日に発表した。PeopleSoft社は,「Linux上でアプリケーションを運用する道を選んだEnterpriseOneユーザーは,安全かつ堅牢なオープンソースOSを使うことで,総所有コスト(TCO)を削減できる」としている。

 Linux対応は,2004年第2四半期に提供予定のEnterpriseOne 8.10からとする。EnterpriseOneに含まれるアプリケーションの内Linux上で使用可能となるのは,「Human Capital Management」「Supply Chain Management」「Supplier Relationship Management」「Financial Management」「Asset Lifecycle Management」「Project Management」。

 なお同社は複数の調査結果を引用し,Linuxを利用する企業が増えていることを示した。主な内容は以下の通り。

・米META Groupは,「企業向けサーバー市場でLinuxの市場シェアは現在10%未満だが,2007年には約30%になる」と予測する

・米IDCは,「Linuxサーバーの出荷台数は2007年まで毎年28%以上の割合で増える」と予測する

・米SG Cowen Securitiesが北米企業500社以上を調べたところ,「80%近くがLinuxを導入しており,72%がサーバーとして,15%がクライアントとして使っていた」ことがわかった

◎関連記事
米PeopleSoft,買収した米J.D. Edwardsの製品を統合するツール・セットを発表
米PeopleSoft,「PeopleSoft Connect 2003」にて新製品,強化したサポート・ポリシーを発表
Linux関連団体がLinux標準規格の新版「LSB 2.0」の公開レビューを開始
Linux普及団体OSDL,企業のデスクトップLinux普及促進に向けた作業グループを結成
「2004年のIT分野,Linuxが地位を確立し,アウトソーシングが増加する」,米調査より
開発者の23%が「最も安全なOSはLinux」と回答,Windows XPは大幅ダウン,米調査
米国の国土安全保障省がMicrosoft製品に警告
「Linuxを利用する企業は59%,理由は『安定性』『性能』『セキュリティ』など」,米調査より

[発表資料へ]