PR

 米Dellの取締役会は,社長兼COOのKevin Rollins氏を,Dell社の新しいCEOに任命した。同社が米国時間3月4日に明らかにしたもの。Rollins氏は,株主年次総会が開かれる7月16日より,Dell社の創設者で現CEOであるMichael Dell氏の後任となる。

 Dell氏は取締役会会長にとどまり,同社の日々の業務に深く関与する。Dell社は,Dell氏からRollins氏へのCEO交代を,「社内における両氏の役割分担を,役職にも反映させることにした」と説明する。「現在,Dell氏は技術分野と顧客管理に多くの時間を割いており,事業戦略や運営はRollins氏に任せるようになっている」(同社)

 また,Rollins氏は7月の株主年次総会で,取締役会役員のMort Topfer氏の後任として推薦を受ける。Topfer氏は1999年2月より取締役会に籍を置いていたが,2001年12月にDell社を退職しており,再選に立候補しないことを明らかにした。

 ちなみに,Dell社は今年5月で創立20周年を迎える。2月12日に発表した2004会計年度第4四半期(2003年11月~2004年1月期)では,売上高,営業利益,純利益,1株当たり利益で過去最高を記録した。

◎関連記事
米Dellの11月~1月期決算,売上高も利益も過去最高 
米Dellの2003年8~10月期決算は前年同期比16%増収,「サーバーやストレージが好調」
米Dellの2003年5月~7月期決算は売上高98億ドル,純利益6億ドル,「過去最高の四半期」
米Dell,マルチメディア機能を重視したノートPC「Inspiron 8600」を発表
米DellがデスクトップPCの置き換え狙ったノートPC「Inspiron 9100」を発表,1549ドルから 
米Dellがゲーム愛好家向けノート・パソコン「Inspiron XPS」を発表,2849ドルから 
「2004年Q1の世界パソコン出荷台数は前年比13.3%増」,米Gartnerが予測
「5月にノート・パソコンの売上高がデスクトップ・パソコンを初めて上回る」,米調査より

[発表資料へ]