PR

 米Intelは米国時間3月4日に,2004年第1四半期業績見通しの中間修正を発表した。売上高が80億~82億ドルの範囲となる見込み。これまで79億~85億ドルとしていた予測範囲の上限を大幅に引き下げた。

 粗利率は60%(プラス/マイナス1ポイント)と予測する。事前予測では60%(プラス/マイナス2ポイント)としていた。

 Intel Architecture事業の製品需要は,従来の季節的パターンの下限を推移しているものの,前年同期を上回る見込み。またCommunications事業の製品需要は事前予測通りに動いているという。そのほかの予測については変更ないとしている。

◎関連記事
米Intelの2003年Q4決算,売上高87億4000万ドルで過去最高
米Intel,2003年3Qの決算発表,純利益が142%増の17億ドル,ESPが25セント
米Intelの2003年Q2決算,売上高68億ドルで事前予測の上限
米Intel,通信関連事業を1グループに統合
米Intel,元米通商代表のCharlene Barshefsky氏を役員に任命 
米AMDが2003年Q4決算を発表,前期比26%増収で黒字に回復
米Transmetaの2003年Q4決算,前期比33%の増収だが赤字幅は変わらず,通年ではやや改善 
2003年12月の北米半導体製造装置業界,前月比19%成長で「投資拡大予測を裏付ける結果」

[発表資料へ]