PR

 米Infonetics Researchは米国時間3月4日に,侵入検出/防止システム(IDS/IPS)製品市場に関する調査結果を発表した。それによると,2003年第4四半期の売上高は1億2000万ドルに達した。第3四半期に市場を牽引した米Cisco Systemsはシェアを縮小し,米Internet Security Systems(ISS)がシェアを大幅に拡大したという。

 市場は2002~2003年にかけて12%成長したが,2003~2004年の成長率はこの2倍になると,Infonetics社主席アナリストのJeff Wilson氏は予測する。また,2007年通期の売上高は8億8800万ドルに達する見通しだ。

 2003年第4四半期の市場をカテゴリ別でみた場合,伝統的なネットワーク・ベースの製品が,売上高全体の57%を占めた。次いで,ホスト・ベースの製品が26%,インライン型ネットワーク・ベースの製品が17%のシェアを占めた。2007年には大きな入れ替わりが起こり,伝統的なネットワーク・ベースの製品が40%,ホスト・ベースが19%,インライン型ネットワーク・ベースが41%になる見込み。

 2003年第4四半期の市場を地域別でみると,北米がIDS製品の売上高全体の58%を創出した。欧州/中東/アフリカ(EMEA)が占める割合は22%,アジア太平洋地域は17%,カリブ
海地域と中南米(CALA)は3%だった。ISS社はEMEAでシェアを急拡大した。

◎関連記事
「侵入検出/防止システム製品の売上高は減少傾向,ただし今後は年平均32%のペースで拡大へ」,米社の調査
「9.11以降,米国企業の100%がサイバー・セキュリティを強化」,米調査
「2006年にVPN/ファイアウォール市場は42億ドル規模に成長」,米Infoneticsが予測
「2005年に企業の20%が深刻なインターネット攻撃の被害を受ける」,米Gartner調査
「マネージド・セキュリティ・サービス市場,2007年には590億ドル規模に」,米In-Stat/MDR
「混合型の攻撃が増加」,米Symantecがインターネット・セキュリティに関する調査結果を発表
「サイバー攻撃に対する認識は向上,ただし従業員の訓練などはいまだ不十分」,米調査
米国土安全保障省がセキュリティ情報サービスを開始

[発表資料へ]