PR

 米Novellはドイツのハノーバーで開催中の「CeBIT」で現地時間3月19日に,Linux向けコラボレーション管理ツール「GroupWise 6.5 for Linux」とWindows向けパッチ管理ツール「ZENworks Patch Management」を発表した。

 GroupWiseは,電子メール,カレンダ,インスタント・メッセージング(IM),連絡先,ドキュメントを管理する機能を備える。従来の「NetWare」向けと「Windows NT/2000」向けに加え,今回Linuxに対応した。

 年内にリリース予定のLinux向け電子メールおよび作業グループ・クライアント「Ximian Evolution」では,GroupWise 6.5 for Linuxをネイティブでサポートする。また,オープンソースのIMクライアント「Gaim」用のプラグインを,Gaimプロジェクトが30日以内に配布する見込みだという。

 GroupWise 6.5 for LinuxはLinuxデスクトップのほか,Windows用およびクロスプラットフォーム用GroupWiseクライアントを搭載したデスクトップ・パソコンも管理可能。

 GroupWise 6.5 for Linuxは,2004年4月15日にリリースする。WindowsまたはNetWare向けGroupWise 6.5から移行するユーザーは,追加ライセンス料無しで入手できる。GroupWiseの旧バージョン,あるいは競合製品を利用しているユーザーには,アップグレード価格で提供する。

 ZENworks Patch Managementは,PatchLink社の技術を利用しており,企業におけるWindows用セキュリティ・パッチの管理を自動化する。各パッチの詳細情報を提供し,どのパッチが重要かをIT管理者が判断できるようにする。サーバーやデスクトップ・パソコンをはじめ,リモートのワークステーション,ノート・パソコンなどを対象にパッチの自動配布を行う。

 ZENworks Patch Managementは2004年3月29日に利用可能にする。年間利用料はデバイス1台あたり18ドル。

◎関連記事
米Novell,企業Linux向けソフト・スイート「Novell Nterprise Linux Services 1.0」を12月18日にリリース
米Novellが米Ximianを買収,Linux対応製品の拡充とオープン・ソース・コミュニティとの関係強化を図る
米Macromedia,「Breeze」にオンライン会議機能を追加
Microsoft,Windows用システム管理ソフトの新版「MOM 2004」を発表
米Microsoft,パッチ管理プロセスの簡素化など新たなセキュリティ対策を発表
セキュリティ情報を一括提供するサービスの新版
「セキュリティ・ホール情報の公開は第2火曜日」――米Microsoft
「マネージド・セキュリティ・サービス市場,2007年には590億ドル規模に」,米In-Stat/MDR

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]