PR

 米Novellは米国時間3月19日に,パートナ・プログラム「PartnerNet」の拡充を発表した。同社傘下のSUSE LINUXのパートナ企業に対象を広げる。

 PartnerNetは,Novell社の製品に対応したハードウエアおよびソフトウエアのベンダーやトレーニングおよびソリューションを提供する企業のシナジー効果を高め,独立系ソフトウエア・ベンダー(ISV)と独立系ハードウエア・ベンダー(IHV)の採用機会を広げ,提携企業の新事業推進を支援する。

 PartnerNetの参加メンバーは,以下の三つに大別される。

・ソリューション・プロバイダ:
 Novell社およびSUSE LINUX社製品に関する業務サービスや技術サービスを提供するVAR(Value Adder Reseller),ディストリビュータ,チャネル・パートナ,コンサルタント,システム・インテグレータ。

・技術パートナ:
 Novell社およびSUSE LINUX社製品に対応したアプリケーションやハードウエアを所有,開発,販売,サポートするISVやIHV。

・トレーニング・パートナ:
 Novell社およびSUSE LINUX社の技術や認定に対応したオンラインあるいはオフラインのトレーニングを提供する研究機関や教育機関の専門家。

 またNovell社は,企業向けLinuxディストリビューション「SUSE LINUX Enterprise」対応の製品やサービスを提供するパートナ企業に,ソフトウエア開発キット「SUSE LINUX Software Development Kit」を無償で提供する。ライブラリ,コンパイラ,ドキュメンテーション環境をはじめ,「Eclipse」「KDevelop」などの開発ツールが含まれる。

◎関連記事
米Novell,Linux 2.6ベースの「SUSE LINUX 9.1」を発表
米NovellがLinux普及促進を目指す非営利団体OSDLに参加
米ノベルが独大手LinuxディストリビュータSUSEを買収
米Novellが米Ximianを買収,Linux対応製品の拡充とオープン・ソース・コミュニティとの関係強化を図る
「Linuxを利用する企業は59%,理由は『安定性』『性能』『セキュリティ』など」,米調査より
米IBM,Linux普及を狙いWindowsからの移行支援などパートナ支援制度を強化
米IBM,独立系ソフトウェア・ベンダー向けパートナ・プログラムを再構成
「2004年のIT分野,Linuxが地位を確立し,アウトソーシングが増加する」,米調査より

[発表資料へ]