米Motorolaと,イタリアTelecom Italia Group傘下で無線事業を手がけるイタリアTIMは,エンド・ツー・エンドのWi-Fiソリューションを共同で提供する。Motorola社がドイツで現地時間3月19日に明らかにしたもの。これによりMotorola社は,同社のWi-Fiシステムを,TIM社がイタリア全土で展開している企業向け無線サービスの一環として提供する。

 Motorola社は,企業ユーザー向けWi-FiシステムについてTIM社と共同で設計するほか,展開/サポートを行う。さらに,ハードウエア/ソフトウエアの提供や,TIM社の顧客先に出向いてのシステム導入/展開/メンテナンスなども担当する。

 パートナ企業としてMotorola社を選んだ理由について,TIM社は「当社のユーザー認証ソリューション(SIM Based Authentication)との統合が容易だった」ことを挙げている。

 「企業向けWi-Fiシステムの提供をTIM社と進めることで,こうした需要に応えると同時に,あらゆる種類の無線インフラを欧州/中東/アフリカ(EMEA)市場に提供していく当社の姿勢を示す」(Motorola社副社長兼Global Telecom Solution Sectorジェネラル・マネージャのMargaret Rice-Jones氏)

◎関連記事
「2004年の世界でのホットスポット利用者,前年比約3倍の3000万人に」,米Gartner調査
「2003年Q4の無線LAN市場は前期比10%成長,季節的要因とSOHO/消費者向け製品が後押し」
「ビル内無線ネットワークの世界市場は2009年に約13億ドル規模」,米調査
「世界WiFi市場,北米より欧州が急速に成長」,米企業の調査
「北米中規模企業の60%が無線LANを2003年末までに導入する」,米Gartnerの調査
「2007年における北米の無線LAN利用者は現在の7倍以上」,米Gartnerの調査
米国無線LANの普及は小企業がけん引,「導入済み」と「1年以内に導入予定」の小企業は83%
「ますます重要になる無線LAN,90%以上の企業が導入や強化を検討」,と米調査

[発表資料へ]