PR

 米Novellは,オープンソースのシステム管理プロジェクトの開始を米国時間3月22日に発表した。同社は,SUSE LINUX事業部門のLinux管理ツールである「YaST」をGeneral Public License(GPL)のもとに提供する。同プロジェクトは,異種システムを「ZENworks」「HP OpenView」「Red Carpet Enterprise」「Tivoli」「Unicenter」といった現行のシステム管理ツールを使って結び付けるプラットフォームを提供するもの。

 Novell社がYaSTをGPLライセンスで提供することにより,次のことが可能になる。

・独立系ソフトウエア・ベンダーは,現行(そして将来の)システム管理ツールにアクセス可能になる。

・システム管理ベンダーは,任意のハードウエアとソフトウエアに自社製品を容易に対応させられるようになる。

・システム・インテグレータは,オープンソースとプロプライエタリ・ソフトで構成するソリューション・スタックを構築して,容易に管理できるようになる。

・顧客は,ニーズにもっとも合ったソフトウエアを選択できるようになる。

 「YaSTによってLinuxがオペレーティング・システムに与えたのと同じ影響を与えたい。それは,パートナ,顧客に柔軟性,選択肢,最良の技術を提供することである。YaSTは,コミュニティのツールになった」(SUSE LINUX事業部門CTOのJuergen Geck氏)

◎関連記事
米NovellがLinuxへの取り組みを強化,パートナ・プログラム「PartnerNet」を拡大
米Novell,Linux 2.6ベースの「SUSE LINUX 9.1」を発表
米NovellがLinux普及促進を目指す非営利団体OSDLに参加
米HPが米Consera買収手続きを完了,自動管理ソフトを「HP OpenView」ブランドで発表

発表資料へ