PR

 インドの通信会社Bharti Tele-Venturesと米IBMは,ITインフラやアプリケーションの集約などに関して10年間の契約を締結した。両社がインドで現地時間3月26日に明らかにしたもの。IBM社は,Bharti社のITインフラとアプリケーションの集約/移行/管理業務を請け負う。さらに両社は,インド市場向けIT/通信ソリューションおよびサービスの開発とマーケティングでも協力する。

 契約金額は,Bharti社の売上高と事前に合意したサービス・レベルに応じて決まる。Bharti社がIBM社の現地法人であるIBM India社に支払う額は,前半5年間で2億5000万ドル~2億7500万ドル,10年間で合計7億ドル~7億5000万ドルの範囲になると見込む。

 これによりBharti社は,IT関連のハードウエア,ソフトウエア,サービス業務をIBM社にアウトソーシングする。対象となるのは,課金/CRM/データ・ウエアハウスなどの顧客向けアプリケーションと,イントラネット/電子メール/オンライン・コラボレーションなどの社内向けアプリケーション。データ・センターとITヘルプ・デスクの集約,災害復旧体制の強化も,IBM社が担当する。Bharti社のITインフラ運用/維持作業を担当している社員は,IBM社に移籍する。

 両社は,通信,ITサービス/集約の分野についてサービスを共同開発し,インド市場でマーケティング活動を展開する。オンライン・コンテンツや電子メール管理などアプリケーション・サービスの導入も計画している。

 また,この契約に伴いIBM India社は,Bharti社の通信サービスを優先的に利用するとしている。

◎関連記事
米IBM,ノキアから約2億5000万ドル規模のITサービス契約を獲得
米Lucentがイラクの通信/ITインフラ復興作業,米国防総省と契約
「2004年のITアウトソーシングは細分化へ,小規模ベンダーにチャンス」,米調査
「垂直市場に関する知識と社風が,大手アウトソーシング・ベンダー成功のカギ」,米調査
「ITアウトソーシングの市場規模は,顧客の分野によって大きく異なる」,米IDCの調査
「ITサービス市場は細分化,ブランド力強化が重要」と,米調査
「2008年のBPO市場は1460億ドル規模,ベンダーの誇大宣伝に要注意」,米企業の調査
「ITアウトソーシングの平均契約期間は6年,平均契約額は4700万ドル」と米Gartner

[発表資料へ]