PR

 米IBMは,ニューヨーク州立大学のバイオインフォマティクス研究センターであるUniversity at Buffalo(UB)Center of Excellenceが「IBM eServer BladeCenter HS20」ベースのスーパーコンピュータ・システムを導入すると,米国時間3月25日に発表した。266台のeServer BladeCenter HS20をクラスタ化し,最高1.32テラFLOPS以上の演算性能を実現するという。

 各eServer BladeCenter HS20には,動作周波数2.8GHzのXeonプロセサ2個と,1.0Gバイトのメモリーを搭載する。OSはRed Hat Advance Server 2.1 Linux。さらに,5Tバイトの容量を持つストレージ・サーバー「IBM TotalStorage FAStT700」に7台の「IBM xSeries 345」サーバーを接続し,大量の研究データを保存できるようにする。

 現在UB Center of Excellenceでは,米Dellのサーバーと米EMCのストレージ・システムでクラスタを構築し,研究に利用している。「IBM社のシステムに切り替えると,演算速度が3倍以上に向上する。さらに,管理しやすくインフラも簡素化するので,死に至る病気の原因究明や治療薬開発といった研究活動に集中できるようになる」(UB Center of ExcellenceディレクタのJeffrey Skolnick氏)

 同センターはIBM社製システムを使い,人間の体を構成するタンパク質について構造や振る舞いを調べ,「がん,アルツハイマー,AIDS,多発性硬化症などの病気を治療する薬の開発を目指す」としている。

 IBM社はシステム構築のほか,同センターの研究活動を支援するため,タンパク質データのパターンや相関関係を見つけるアルゴリズムを提供するなどの協力も行う。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,UB Center of Excellenceは今後2年から3年かけて同システムの規模を約50倍に拡大し,プロセサ数2万5000個の構成にする計画を立てているという。

◎関連記事
米IBMがスパコン「Blue Gene/L」について明らかに,2005年の完成を目指す
米IBMとテキサス大学,毎秒1兆回以上の演算が可能な「スパコン並」プロセサ実現に向け協力
米Oracleと米HP,Linuxクラスタ・サーバーで1分間に100万を超えるトランザクション処理に成功
バージニア工科大学,「Power Mac G5」1100台で9.6テラFLOPSのスパコン「Big Mac」を構築
米Sunがクラスタリング・プラットフォーム「Sun Fire Superclusters」を発表。最高2テラFlops
米SGI,「Altix 3000」の搭載可能プロセサ数を256個に増大,年末には512個に
米国防総省のスパコン開発プログラム第2段階に突入,米IBM,米Cray,米Sunに総額1億4600万ドルの奨励金を授与
「2004年にはLinuxが高性能コンピューティング市場で勢力を拡大」,米アバディーンの調査

[発表資料へ]