PR

 英Sophosは,2004年3月におけるコンピュータ・ウイルスの被害状況についての調査結果を米国時間3月31日に発表した。3月のワースト1は「Netsky-D」で,被害全体の30.2%を占めた。また,ワースト1~3をNetskyの亜種が独占した。

■2004年3月の被害状況ワースト10
==========================================
1. W32/Netsky-D  (Netsky variant)  30.2%
2. W32/Netsky-B  (Netsky variant)  12.3%
3. W32/Netsky-C  (Netsky variant)  11.7%
4. W32/Bagle-C   (Bagle variant)    3.5%
5. W32/Netsky-J  (Netsky variant)   3.5%
6. W32/Bagle-E   (Bagle variant)    3.4%
7. W32/Netsky-P  (Netsky variant)   2.1%
8. W32/Bagle-H   (Bagle variant)    1.5%
9. W32/Bagle-J   (Bagle worm)       1.4%
10.W32/MyDoom-A  (MyDoom Worm)      0.9%
------------------------------------------
その他                             29.5%
==========================================
出典:Sophos社

 「3月は,NetskyとBagleワームの作成者が次々と亜種を放出し,し烈な争いを繰り広げた。当社が受けた被害報告全体の約60%をNetskyが占めており,この戦いはNetsky作成者が“勝者”となった。しかし,最大の敗者は両ワームの一斉攻撃を受けたコンピュータ・ユーザーだ」(Sophos社セキュリティ・コンサルタントのCarole Theriault氏)

 なおSophos社は,2004年3月に新種のウイルスを824種類検出した。現在,同社製品が防御できるウイルスは8万9112種という。

  また同社は,2004年3月における偽情報のワースト10ランキングも発表した。

■2004年3月の偽情報ワースト10
============================================
1. Hotmail hoax                      18.8%
2. JDBGMGR                           18.1%
3. Meninas da Playboy                 7.5%
4. A virtual card for you             6.3%
5. Bonsai kitten                      6.1%
6. WTC Survivor                       5.0%
7. Budweiser frogs screensaver        4.0%
8. Bill Gates fortune                 2.6%
9. Elf Bowling                        2.5%
10.Jamie Bulger                       2.1%
--------------------------------------------
その他                               27.0%
============================================
出典:Sophos社

◎関連記事
米Network Associatesなど,危険度「中」のワーム「W32/Netsky.d@MM」を警告
米Network Associatesが「W32/Netsky.c@MM」を警告,危険度は「中」
米Network Associatesが「W32/Netsky.b@MM」を警告,危険度は「中」
アンチウイルス・ベンダーが「W32/Netsky.R」を警告
々と亜種が登場,ワーム作成者どうしの勢力争いか?」,アンチウイルス・ベンダーが分析
「1月はMydoomが猛威,巧妙化するウイルスに気をつけろ」――IPA
米Network Associates,Bagleワームの新たな亜種「Bagle.U」を警告
2004年2月のウイルス被害状況,「Sober-C」が再びワースト1に

[発表資料へ]