米Adaptecは,企業内のデスクトップ/ノート・パソコン上にあるデータを自動的にバックアップするNAS対応RAIDアプライアンス「Adaptec File Saver ESA1500」を米国時間3月31日に発表した。

 Adaptec社は,「業務用サーバーのデータ・バックアップは常識的に行われるが,パソコンのハード・ディスクに保存されている情報は放置されたまま」と指摘する。「システムやHDDの故障,誤操作によるファイル削除,ノート・パソコンの落下などにより,データが失われかねない」(同社)

 ESA1500を使用すると,こうしたローカル環境にあるデータを自動的かつリアルタイムにバックアップできる。1Tバイトのストレージ・アレイを備え,「導入はプリンタ並みに簡単」(同社)という。RAID 5に対応し,オプションで「Adaptec Redundant Array of Independent Nodes(RAIN)」も利用可能。装置を追加することで,ストレージ容量を4Tバイトまで拡張できる。

 メーカー希望小売価格は6299ドル。既に利用可能となっている。

◎関連記事
「米企業の85%はデスクトップ/ノート・パソコンのバックアップが不十分」,米調査
「企業のパソコン・ユーザーの82%がデータ保護の設定に無頓着」,米企業の調査
「30分で避難する」ためのバックアップ選び
北米大停電は「IT部門の大半が十分な停電対策を備えていなかった」,カナダの調査会社
「米企業の36%が災害時の事業継続計画を準備していない」,米社の調査
「災害対策を怠っている中小企業,5年以内に40%が倒産する可能性大」,米ガートナー
「2003年Q4の外付けストレージ市場は前年同期比8.4%成長」,米IDC調査
「NASとSANを区別しなくなる日は近い」---NetAppの共同創業者ジェームス・ラウ氏

[発表資料へ]