米Accentureは,新たなCEOにWilliam D. Green氏を任命したことを,米国時間4月8日に発表した。同氏は2004年9月1日に現CEO兼会長であるJoe W. Forehand氏からCEO職を引き継ぐ。Forehand氏は会長職を継続する。

 Green氏は現在,CEO室に属するClient Services部門のCOOを務めており,同社事業グループの全体的なマネジメントを担当している。とりわけ,ハイテク,航空宇宙,電気通信業界の知識が深く,1999~2003年はCommunications & High Tech事業グループのグループ最高経営責任者を務めた。

 同氏は1977年にAccenture社に入社。1997~1999年にResources事業グループのグループ最高経営責任者として,売上高全体の20%を占める20億ドル規模の事業を統括した。2000年から米国のマネージング・ディレクタとなり,2001年より役員会メンバーとなっている。2001年に同社が企業として形態を変え,株式公開を果たす際に重要な役割を担った。

 「Green氏は知識,経験,洞察力を兼ね備えており,それこそ,Accenture社を次の成長段階に導くために不可欠なものだと役員会は考えている」(Accenture社役員会理事長のMark Moody-Stuart氏)

◎関連記事
米Accentureの2003年6~8月期決算速報,アウトソーシングが好調で増収増益
米Accentureと英Reuters,グローバルなインテグレーション・サービスで提携
日立の米子会社,北米にてアウトソーシング・サービスの提供を開始
「2008年のBPO市場は1460億ドル規模,ベンダーの誇大宣伝に要注意」,米企業の調査
「オフショア・アウトソーシングは経済の活性化と雇用拡大をもたらす」,米調査
「2004年のITアウトソーシングは細分化へ,小規模ベンダーにチャンス」,米調査
成長性が高いITアウトソーシング市場,AMOやSO巻き込み年13%増は見込める

[発表資料へ]