米Priceline.comは米国時間4月8日,Richard S. Braddock氏が同日付で同社取締役会会長を辞任することを発表した。現取締役のRalph M. Bahna氏が非常勤の取締役会会長に就く。

 Braddock氏は1998年にPriceline.com社の会長兼CEOに就任。初期の製品立ち上げやIPO(新規株式公開),旅行事業の拡大を手がけた。「Priceline.com社では約6年にわたりさまざまな事業に取り組んできたが,新たな道に踏み出すことを決心した」(Braddock氏)

 後任のBahna氏は,Priceline.com社が旅行事業を開始した1998年から,同社取締役を務める。クルーズ業界のリーダーとして,米Cunard LineのCEO,米Trans World Airlinesのマーケティング担当上級役員などを歴任した。ビジネス・ホテル・チェーンの米Masterworks Developmentの創設者であり,現在同社社長を兼務している。

 ちなみに,Bahna氏は非常勤の取締役会会長就任に伴い,Priceline.com社取締役会の指名委員会に対して,会長の職務権限を評価し,最終的に自らの後任者を推薦するよう求めている。

◎関連記事
米Pricelineの2003年Q1決算,減収赤字だが「ホテル予約サービスは好調」
2003年の航空券オンライン販売,イラク戦争やSARSにもかかわらず前年比14%成長の見込み
米Hilton Hotels,同社系列サイトによる6月のオンライン予約件数が過去最高の45万件
米Priceline.Comがホテル予約サービスを拡張,オーストラリア,日本,その他のアジア地域の予約が可能に
「2003年の春休み,米国の行楽客は国内の観光目的地で太陽を満喫」,米Priceline.comが分析結果
米プライスラインの2002年Q3決算は減収赤字拡大,「しかしホテル予約件数は前年同期比37%増」
米プライスラインがホテル予約サービスをアジアで展開。「中国,シンガポール,タイのホテル予約が可能に」
プライスラインと米イーベイ,旅行予約サービスで提携,「オークションでチケット予約を」

[発表資料(その1)]
[発表資料(その2)]