PR

 米Intelは米国時間4月13日に,2004年第1四半期の決算を発表した。売上高は80億9100万ドルで,前期と比べ7%減少したが,前年同期から20%増加した。純利益は17億3000万ドルで,前期比20%減少,前年同期比では89%増加した。1株あたり利益は26セントで,前期比21%減少,前年同期比86%増加となった。

 同社は3月4日に発表 した業績見通しの中間修正で,当期の売上高について,従来の予測範囲である79億~85億ドルの上限を大幅に引き下げ,80億~82億ドルとしていた。

 ちなみに米メディアの報道(CNET News.com )によると,米Thompson First Callが事前にまとめたアナリストの予測では,1株あたり利益は27セントだった。

 当期の粗利率は60.2%で,前期の63.6%から3.4ポイント縮小した。「前期と比べ売上高が減少したことに加え,訴訟の和解関連費用が影響した」(Intel社)

 同社は米Intergraphと争っていた特許侵害訴訟について,2億2500万ドルを支払うことで和解に達したことを3月30日に発表している。1億6200万ドルは当期に計上し,残りの6300万ドルは今後約5年間で償却する予定。

 当期のIntel Architectureマイクロプロセサは出荷数が前期と比べ減少,売上高は59億8000万ドル(前期は65億1400万ドル)。チップセット/マザーボード/接続関連製品なども出荷数が減少し,売上高は10億4500万ドル(同11億8300万ドル)となった。一方,フラッシュ・メモリーは出荷数が伸び,売上高は4億1700万ドル(同3億9900万ドル)。

 Intel社CEOのCraig R. Barrett氏は,「世界的にIT支出が回復しているため,当期の業績は前年同期と比べて健康的な成長を遂げた」と語った。「当期は90nm製造技術のプロセサを量産体制に移し,デスクトップ向けプロセサをリリースした。第2四半期は,モバイル向けとサーバー向けの出荷を大幅に増加する計画だ」(同氏)

■2004年第1四半期の地域別売上高(単位:100万ドル)

                               2004年Q1     2003年Q4     2003年Q1
                              ----------   ----------   ----------
米大陸                        $   2,163    $   2,356    $   1,924
シェア                              27%          27%          29%

日本を除くアジア太平洋        $   3,284    $   3,475    $   2,642
シェア                              40%          40%          39%

欧州                          $   1,927    $   2,126    $   1,641
シェア                              24%          24%          24%

日本                          $     717    $     784    $     544
シェア                               9%           9%           8%
■2004年第1四半期の事業別売上高(単位:100万ドル)

                                  2004年Q1  2003年Q4  2003年Q1
----------------------------------------------------------------------
Intel Architecture Business
売上高                              7,025     7,697     5,772
営業利益(損失)                    3,015     3,727     1,908
----------------------------------------------------------------------
Intel Communications Group
売上高                              1,065     1,035       963
営業利益(損失)                     (219)     (143)     (218)
----------------------------------------------------------------------
その他
売上高                                  1         9        16
営業利益(損失)                      (320)   (1,022)     (299)
----------------------------------------------------------------------
合計
売上高                               8,091     8,741     6,751
営業利益(損失)                     2,476     2,562     1,391
----------------------------------------------------------------------

 また,同社は今後の見通しについても明らかにした。主な内容は以下の通り。

・2004年第2四半期の売上高は76億~82億ドルの範囲
・2004年第2四半期の粗利率は約60%(プラス/マイナス2ポイント)
・2004年第2四半期の費用(研究開発費とマーケティングおよび一般管理費)は約24億ドル
・2004年通期の粗利率は約62%(プラス/マイナス数ポイント)
・2004年通期の研究開発費は約48億ドル
・2004年通期の設備投資費用は36億~40億ドルの範囲

◎関連記事
米Intel,2004年Q1の売上高予測の上限を大幅に引き下げ
米Intelの2003年Q4決算,売上高87億4000万ドルで過去最高
米Intelと米Intergraph,残る特許侵害訴訟も和解金2億2500万ドルで決着
米Intel,「世界初」90nmルールのNOR型フラッシュ・メモリーを製造
米AMDが2003年Q4決算を発表,前期比26%増収で黒字に回復
米Transmetaの2003年Q4決算,前期比33%の増収だが赤字幅は変わらず,通年ではやや改善 
2004年2月の世界半導体市場,売上高は前月比0.2%増の155億8000万ドル
「2004年の世界半導体市場の売上高は前年比22.6%増の2170億ドル」,米Gartnerの調査

[発表資料へ]