PR

 米AMDは,Linuxの普及促進を目指す非営利団体Open Source Development Lab(OSDL)に参加した。AMD社とOSDLが米国時間4月22日に明らかにしたもの。同社は,OSDL内のデータ・センター向けLinuxを検討するワーキング・グループData Center Linuxと,通信業界向けLinuxを扱うワーキング・グループCarrier Grade Linuxに加わる。

 OSDLは,LinuxとLinux用アプリケーションをデータ・センターや通信業界へ展開することを目的として2000年に設立された団体。複数のIT関連企業からの支援を受けつつも,運営は独立している。2003年には,Linuxの生みの親であるLinus Torvalds氏がOSDLフェローとして参加した。

 「当社とOSDLは同じ目標を掲げている。それは,信頼性が高く拡張可能で経済的なLinuxベースの企業向けソリューションについて開発を推進したい,というものだ。OSDL内の業界ワーキング・グループへの参加を通じ,当社のマイクロプロセサ・プラットフォームに関する膨大な経験を提供し,Linuxを戦略的OSに発展させる活動を支援する」(AMD社マイクロプロセサ事業部門担当副社長兼ジェネラル・マネージャのMarty Seyer氏)

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,OSDLの設立にはAMD社のライバルである米Intelも協力し,現在も活動を続けている。AMD社に対抗するというIntel社の思惑に反し,Torvalds氏はAMD社の64ビット・アーキテクチャへの対応を表明している。

◎関連記事
「米Intelと米AMDの64ビットx86アーキテクチャ,互換性は100%近い」,米調査

OSDLがデータ・センター向けLinuxの技術ガイドライン「DCL Technical Capabilitiesバージョン1.0」を発表
「多数のLinux関連企業が通信業界向けLinux仕様の新版『CGL 2.0』をサポート」とOSDL
Linus Torvalds氏,Linux普及促進を目指す非営利団体OSDLに参加
「北米開発者の110万人以上がオープンソース・プロジェクトに関与」--米調査
「2004年のIT分野,Linuxが地位を確立し,アウトソーシングが増加する」,米調査より
「米SCOによる訴訟の懸念からLinux導入計画を変えるLinux開発者はわずか12%」,米調査

[発表資料(AMD社)]
[発表資料(OSDL)]