PR

 米Network Associatesは米国時間4月22日,一部資産の売却と社名変更の計画について明らかにした。「今後の事業をセキュリティ製品およびサービスに特化するため」(同社)としている。

 同社は,「Sniffer」ネットワーク管理製品を米Silver Lake Partnersと米Texas Pacific Groupに2億7500万ドルで売却する。

 Sniffer製品事業の売却が完了次第,Network Associates社は社名を「McAfee」に変更する。新会社は,企業向けアンチウイルスおよび侵入防止セキュリティ事業,研究部門McAfee Labs,消費者向けセキュリティ事業で構成する。

 Silver Lake Partners社とTexas Pacific Group社は,買収したSniffer資産をもとに,「Network General」という名称の会社として立ち上げる予定である。Sniffer事業の従業員と管理チームをベースとして,Snifferブランド製品の開発,販売,マーケティング,サポートを手がける。

 またNetwork Associates社は,2004年第1四半期決算の速報値も明らかにした。売上高は2億1700万ドルの見込み。希薄化後の1株当たり利益は,GAAPベースで32セント,プロフォルマ・ベースで10セントとなる見通し。

 同社は数カ月にわたって,コストを削減し収益性を高めるための計画を検討しており,2005年半ばには営業利益率を25%に高めたい考えだ。

 Network Associates社会長兼CEOのGeorge Samenuk氏は,「当社は会社史上最も積極的かつ重要な変換に取り組んでいる。これは,事業を合理化し,収益獲得と成長を加速化することにより,株主価値を高めようとする当社の姿勢を示すものだ」と説明した。「当社はより強力で,より収益性が高く,より競争力のある会社に生まれ変わる」(同氏)

◎関連記事
「当社は2003年Q4のインライン型IDS/IPS世界市場で首位」──米Network Associatesが調査結果を引用
米Network Associates,侵入検知/防止技術の米社を1億ドルで買収
米Network Associates,今度は侵入防止技術の米Enterceptを1億2000万ドルで買収
シマンテックが侵入検知システムの新版を発売
「職場のセキュリティを心配する米国労働者は約3分の1,若い世代ほど不安を感じている」,米調査
「社員のセキュリティに対する意識の低さが問題」と米調査 
「混合型の攻撃が増加」,米Symantecがインターネット・セキュリティに関する調査結果を発表
大手企業のセキュリティ責任者などが企業情報システム保護の支援団体を結成

[発表資料へ]