米Dellは,米CommVault Systemsと共同開発した中小企業向けデータ保護ソフトウエア「GalaxyExpress」を米国時間5月14日に発表した。ネットワーク経由でデータの基本的なバックアップとリストアが行えるソフトウエア。Dell社のストレージ・システム「PowerVault」と,米EMCとの提携を通じ提供するストレージ・システムに対応している。

 GalaxyExpressの対応クライアント数は最大25台。バックアップ装置として,ハード・ディスク装置とテープ・ドライブを利用できる。Microsoft Exchange,Microsoft SQL Server,米Oracleのデータベース,NetWare環境との統合が可能。

 Dell社は同ソフトウエアの提供を直ちに開始する。価格は2495ドルから。サポートはDell社が担当する。

◎関連記事
米Dell,サーバー/ストレージ製品と米VMWareの仮想マシン・ソフトをセット販売
米Dellと米EMC,ネットワーク・ストレージに関する数十億ドル規模の5年契約を2年延長
米IBM,新型ディスク・ストレージ製品と追記型テープ・カートリッジを発表
米HP,オール・イン・ワンのストレージ・ソリューション「StorageWorks RISS」を発表
「中小企業の2004年IT支出は前年比6.6%増の見込み,大企業の1.7%増を上回る」,米調査
「2003年Q4の外付けストレージ市場は前年同期比8.4%成長」,米IDC調査
「2003年Q3の世界ディスク・ストレージ・システム市場は前年同期比0.3%減収」,米IDCの調査
「2002年のテープ・ライブラリ装置市場, 出荷台数は増加だが売上高は減少」,米調査

[発表資料へ]