PR

 米BMC Softwareは米国時間5月17日,システム統合サービスを手掛けるインドのWipro Technologiesとセキュリティ管理サービスの提供に関する世界規模の提携を発表した。

 これによりWipro Technologies社は,BMC社のエンド・ユーザー管理スイート「CONTROL-SA」の再販を行うほか,セキュリティ・ソリューションの実装サービスを提供する。

 CONTROL-SAスイートは,異種環境における従業員のリソース・アクセスといったプロビジョニング,パスワード管理,Webブラウザによるアクセス認証の自動化といった機能を備える。

 「Wipro社との提携によって,当社のセキュリティ管理サービスを速やかに提供できるようになる。またユーザーは,セキュリティ管理ソリューションの実装にかかる時間と費用を大幅に削減できるようになるだろう」(BMC社Security Business部門担当副社長兼ジェネラル・マネージャの Somesh Singh氏)

◎関連記事
BMC,異種混在システム環境でユーザーを統合管理するソフト
米BMC,米Business Layers製プロビジョニング・ツールを統合したセキュリティ製品を発表
米Novell,ユーザーID管理ソフトの新版「Novell Nsure Identity Manager 2」を発表
米Novell,個人情報管理の新製品「Nsure Audit」を発表
社内からの不正アクセスを防止,CAがアクセス管理ソフトの新製品を投入
米Microsoft,アイデンティティ管理ソフト「Microsoft Identity Integration Server 2003」を発表 
Liberty Alliance Project,シングル・サインオン関連3仕様と実装ガイドラインのドラフト版を公開
「アイデンティティとアクセス管理を自動化するソリューションで300%の投資回収率を実現」,米Gartner

[発表資料へ]