PR

 米Lindowsは,Linux OS「Linspire」(旧名称は「LindowsOS」)用の音楽管理/再生ソフトウエア「Lsongs」を,米Dellのデジタル音楽プレーヤ「Dell Digital Jukebox(DJ)」に対応させた。Lindows社が米国時間5月19日に明らかにしたもの。これにより,Lsongs上で管理している音楽ファイルをDell DJにコピーするなどして,プレイ・リストの同期が可能となる。

 LsongsはパソコンのUSBポートに接続されたDell DJを自動的に検出するので,使用にあたって設定作業は必要ない。メニューからコマンドを1つ実行するだけでプレイ・リストを同期でき,音楽ファイルの追加や削除はドラッグ&ドロップで行える。

 Lsongsは,Linspire用アプリケーション配布サービス「CNR Warehouse」の会員を対象に無償でダウンロード提供する(非会員はWebサイトにて19ドル95セントで購入可能)。また同社は,Linspireの将来版の一部にLsongsを同梱して提供する予定。

 なお,Lindows社CEOのMichael Robertson氏は,LsongsのiPod対応を米Apple Computerに提案したことも明らかにした。しかし同氏は,「Apple社は,(iPodを)クローズなシステムにしておきたいそうだ」(同氏)と説明している。

◎関連記事
米Lindows,「Linspire」向け音楽ソフト「Lsongs」を発表
米Dell,HDD内蔵の携帯用音楽プレーヤを発表,米Musicmatchのダウンロード・サービスに対応
HPブランドの「iPod」が夏に登場
「『iTunes Music Store』のダウンロード数が2500万曲を突破」,米Apple
「携帯型音楽プレーヤ,消費者のニーズは1000曲収録可能な容量」,米調査
2003年の携帯型デジタル・オーディオ・プレーヤ市場,出荷台数と売上高ともに200%以上成長
1年ですっかり様変わりしたデジタル音楽市場,競争はさらに激しく
「2003年の音楽販売枚数は前年比0.8%減,ただしインターネット経由のアルバム販売は増加」,米調査

[発表資料へ]