PR

 米Microsoftが米Lindowsを相手取って起こしていた商標権侵害訴訟で,米第9巡回区連邦控訴裁判所はMicrosoft社による上訴の申し立てを棄却した。これにより審理は,シアトル連邦地裁のCoughenour判事に差し戻される。Lindows社が米国時間5月24日に明らかにしたもの。

 Coughenour判事は今年の2月10日に,「陪審が,『Windows 1.0』が市場に投入された1985年11月以前に“Windows”を一般的な用語であったと判断する場合,陪審はWindowsという言葉が現在持つ意味を考慮する必要はない」との裁定を下していた。Microsoft社はこの裁定を不服として上訴していた。

 審理はCoughenour判事のもと,2004年下半期に開始される。両陣営がそれぞれ1週間ずつ陳述を行う予定で,Microsoft社会長のBill Gates氏,同社CEOのSteve Ballmer氏, Lindows社CEOのMichael Robertson氏が証言台に立つ見通しである。

 Robertson氏は,「Microsoft社の上訴が棄却されたことで,訴訟はMicrosoft社が市場を独占する前の1980年代に,消費者やソフトウエア業界が“Windows”という言葉をどのように利用していたかに焦点が絞られる」と述べた。「我々は“Windows”が一般的な用語であったことを証明するさまざまな証拠を用意している」(同氏)

◎関連記事
米Microsoftがまたもやオランダで米Lindowsを提訴
「Lindows」名称の使用差し止め裁判,オランダではMSが勝利
米Lindows.com,OSの名前を「Linspire」に変更
米国外でMSが商標侵害裁判を起こせないようにするLindows.comの要請が却下される
米Lindows.com,オランダ,ベルギー,ルクセンブルクでの営業を中止 
米Microsoft,今度はカナダで「Lindows」名称使用禁止を要求する訴訟
開発者の23%が「最も安全なOSはLinux」と回答,Windows XPは大幅ダウン,米調査
「Linuxを利用する企業は59%,理由は『安定性』『性能』『セキュリティ』など」,米調査より