PR

 米Computer Associates International(CA)は,同社のオープンソースに関連する戦略の概要を米国時間5月24日に発表した。同社は,リレーショナル・データベース「Ingres Enterprise Relational Database(Ingres)for Linux」と「Kernel Generalized Event Management(KGEM)」のソースを公開する計画とともに,オープンソース技術を組み込んだ「BrightStor Document Manager」を発表した。また,オープンソース企業の米Jbossと米Zopeとも協調する計画を明らかにしている。

 オープンソースへの取り組みの一環として,同社はリレーショナル・データベースIngres for Linuxのソースを同社ライセンス「CA Trusted Open Source License」の下に90日以内に公開する。Ingresは,米OracleのLinux向け「Cluster File System」と米IBMの「Distributed Lock Manager(OpenDLM)」に対応して新しいクラスタリング技術を提供する。

 ストレージ管理のBrightStorファミリに追加されたドキュメント管理のBrightStor Document Managerは,Ploneのオープンソース技術と同社の「BrightStor Portal」を組み合わせたもの。経済効率よく使い易いドキュメント管理ソリューションを提供する。

 CAとJboss社は,J2EE対応のアプリケーション・サーバーと動作する高性能なリレーショナル・ストレージをオープンソースのソフトウエアで構築することを計画している。Zopeとは,リレーショナル・データベース技術と互換性を持ち,性能,データの持続性,管理性で企業のニーズに対応するスケーラブルなオープンソースのコンテンツ管理ソリューションの提供を計画している。

 また,CAは,カーネルに追加することにより管理アプリケーションがLinuxに対応できるようになるKGEMの開発を手がけており,ソースを公開している。KGEMにより,どのLinuxディストリビューションでも管理ソフトウエアのインタフェースを構築して出荷できるようになる。

 その他にも,同日同社は,オープンソース管理技術スタック「ijpl(ingres,java,python,linux)」を発表している。

 「CAは,顧客,パートナ,他の業界リーダーからのフィードバックを受け入れて,常に協調的なアプローチでソフトウエア開発を行なってきた。このアプローチをオープンソース・コミュニティに拡張して,オープンな技術革新を助成することにより顧客のニーズに合った管理ソフトの提供を促進している」(同社)

◎関連記事
「Eclipseの利用が拡大,北米では最もよく利用されるJava開発ツールに」,米調査
サン,Linuxディストリビューションを発売
米Novell,「Linux強化戦略により,当社のLinuxコミュニティが急拡大」
米BEA,SOAに基づく開発実行環境のオープンソース・プロジェクト「Beehive」を開始
「北米開発者の110万人以上がオープンソース・プロジェクトに関与」--米調査

発表資料へ