PR

 米Macromediaは米国時間5月27日,Flashアプリケーション用クライアント・ソフトウエアのLinux対応版「Flash Player 7 for Linux」を発表した。同日からMacromedia社Webサイトで配布を開始したほか,米Novell,米Red Hat,米Sun Microsystems,ターボリナックスなどのLinuxディストリビューションにバンドルし提供する。

 Flash Player 7はCSS(Cascading Style Sheets)をサポートし,FlashとHTMLコンテンツが共存するWebサイトで一貫したルック&フィールを実現する。また,SOAPを介したWebサービスの利用が可能となり,サービス指向アーキテクチャ(SOA)ベースの企業向けアプリケーションを構築できる。

 Macromedia社製品管理担当バイス・プレジデントのJeff Whatcott氏は,「当社はLinuxプラットフォームに力を入れており,Linuxユーザーが定評あるFlash技術の効果を体験できることを望んでいる」と述べた。また,「開発者はFlash Player 7の性能と機能を利用することで,クロスプラットフォーム対応の一貫した品質を持つコンテンツを作成することができる」と付け加えた。

 なお,Flash PlayerのコードをLinuxに移管する作業については,Sun社が協力した。「Flash Player 7と企業向けデスクトップ・パソコン用Javaシステム『Java Desktop System』を統合することにより,我々の顧客は,世界中のWebサイトで採用されているインタラクティブなFlashマルチメディア・コンテンツを視聴することができる」(Sun社デスクトップ・ソリューション部門バイス・プレジデントのCurtis Sasaki氏)

 Macromedia社によると,Flash Playerはインターネットに接続しているデスクトップ・パソコンの98%以上にインストールされており,モバイル機器での実装率も伸びているという。

◎関連記事
米Macromedia,Webサイト/アプリ開発ツールの「MX 2004」版を出荷開始
米Macromedia,WWWサイト/アプリ開発ツールの「MX 2004」版を発表
米Macromedia,Flashアプリケーションとデータ・ソースを容易に接続するキットを発表
米Macromedia,WWWアプリのUIを高機能化するフレームワーク「Flex」を発表
米Sunが「Java Desktop System」を出荷開始,キャンペーン価格は50%オフの50ドル
米Sun,サイト開設や開発ツール移植でLinux開発者を支援
米BEA,サービス指向アーキテクチャ構築を支援する「Liquid Computing」構想を発表
「2006年にはサービス指向アーキテクチャが最も優勢に」,米企業の調査

[発表資料へ]